FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
客席の照明が落ちる。ダウンライトだけに照らされたジャズクラブは、暗すぎる水族館のようだといつも思う。
ドラムスの新さんの静かな叩きこみからバックバンドが演奏を始める。
内心だけで「はぁ?」と思う。リハのときのセットリストじゃない。
いきなり持ち歌かよ。しかも、あんな、のったりした曲調の、サビが高音域の。
うたったことがないから知らないと思うけど、喉を温めないとあんな高音は出せない。

無茶ぶりすんなや!と内心だけでぶつくさ言う。
そのあいだに俺の口から滑りだしているのは、フランス語の気だるい歌詞。ふざけて思いっきり下品な替え歌の詞をつけても客席のだれもが気がつかないにちがいないが、流暢な仏語を操るマスターの野々宮さんの眼光がリアルに怖いので、やったことはない。

突き落とされたこの世界 そこら中の青い空のなか
君の声を胸に突き立てて 蜻蛉みたいにわらってあげる

サビを静かに、でも声から艶が消えないようにうたいあげる。
客席からため息が聞こえる。がっかりしたときのため息じゃない。感嘆のものだ。
よしよし、と内心で思う。老若男女、この場にいる者全員、俺の声しか聴いていない世界。
この世界を漂う瞬間を、俺はなにより愛している。

たぶん、吹雪のような世界を漂うような、途方もない孤独から抜け出せるから。
胸のなかで吹き荒れる嵐のような『どうしようもないこと』からじょうずに眼を逸らせるから。

******

4か月間ドロンして、ひさしぶりの長編です。
見苦しい点もあるかと思いますが、よろしくお願いします。

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2016/03/02 07:30】 | Painkiller
|
***

数ⅡBの授業が終わる。チャイムの音を目覚ましがわりに、眼前で堂々と居眠りをしていた頭がぬっと起き上がる。
「岸本、いまの授業のノート貸して」
居眠りしていた頭の持ち主、神谷くんが僕に向かって右手を差し出した。
まるで、それが当然の権利であるかのように。
「貸すけど、今日中に返して。試験が近いから」
「オーライオーライ。コピー室、直行してくる」
言うや否や彼は財布を鞄から取り出して教室を出ていった。
せめて、文字を書き写したほうが頭に入ると思うのは僕だけではあるまい。

思うに。
苗字というのは少なからず人生に影響を及ぼす。出席番号順に並んだ席、神谷くんと僕は前後席である。『カミヤ』と『キシモト』のあいだに、『カモダ』とか『キクチ』とか、とにかく緩衝材になってくれる名前があれば、神谷くんと僕にはまったく接点がなかったにちがいない。
しかし、喜ぶべきか憂うべきか、緩衝材抜きで彼と僕は接している。
主に、神谷くんが僕のノートをコピーさせてほしいとあらゆる科目で頼んでくる、という内容で。
というのも、神谷くんがすべての授業を睡眠時間にあてているからだ。
彼が僕のノートを欲しがるのには、それとは別に僕が常に学年一位をキープしているからという理由も、多分に含まれているかもしれないけれど。

ちょっとため息をついて、わらった。
俯いて、古文単語の小テストの勉強をしていると、とんとん、と頭をノートで叩かれた。ひとのノートを勝手に丸めないでほしい。
「ほい、ありがと。いつもわりいな」
神谷くんはきれいな顔立ちをしている。こうやってわらうと、それが一層際立つ。
「うん」
ノートを受け取る。彼との接触はこれにて落着。僕は単語帳に再び目を戻す。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2016/03/03 07:30】 | Painkiller
|

ぶれこみさんへ
砂凪
こんにちは、ぶれこみさん。

と…とりあえず、幸先よく幕開けを褒めていただけて光栄です。
イントロみたいなものなのですが、これがいいのか悪いのか判断しかねていたのでほっとしました。
出だしの掴みだけでも「いいね」と言っていただけるのは嬉しいものですよー。

歌詞は、勝手に引っ張っちゃダメです。
著作権にひっかかりますので、ね。
というわけで自分で考えました。
フランス語で書ければよかったのですが、グーグル先生の翻訳機能があてにならないのは英語で痛感しているので、「日本語で勘弁してくださいね……」という万感の思いを込めました。

今後ともよろしくお願いいたします。
いつもコメントありがとうございます。

おはようございます。
ぶれこみ
 今回も、なにやら良い出だしだね。小説を書くときに、出だしは非常に大切だから、さなぎちゃんの作品はとても勉強になります。出だしの掴みが上手いよね。僕ではこのようには書けない。
 ところで、フランス語で歌われているという、バンドミュージックの音楽の歌詞は、自分で考えたの? 上手い歌詞だね、やはり砂凪ちゃんは詩才があるね、凄いです。
 今後どんな展開になっていくのかな、楽しみにしています。

コメントを閉じる▲
***

昼休み、ひとりで屋上に出る。給水塔の陰に隠れて、鞄に忍ばせていた日仏辞典を引っ張り出して、作詞を始める。
できのわるい男子高校生『神谷南友(なゆ)』から完全会員制のジャズクラブ『ネージュ』の専属歌手になる時間。
屋上に日本語詞を書きとめた紙切れと、それを途中まで訳したフランス語訳を並べる。風で飛んだりしないように、ペーパーウェイトを乗せる。

切ない、はなんだっけ?さー、しー、すー、せーと口にしながら辞典を繰っていく。
英語の授業は大嫌いである俺。でも、この翻訳作業は好きだ。
自分の書いた文章を自分で訳していくのは、すこし面映ゆくて背中のあたりがむずむずする。
三人称の動詞活用を野々宮さんにもういちどレクチャーしてもらわないと、また半分忘れかけている。マスターの呆れ顔を想像して、気分が重くなる。
いくら翻訳が好きだといっても、もともと学習能力にたけていない俺の頭を野々宮さんは本気で心配してくれる。

一瞬、席順が後ろの岸本の顔を思い浮かべた。あいつなら、一発で理解して吸収してしまうんだろうな。いいな、あいつの脳みそ。

切ない、を活用させる手をいったん止めて、岸本のノートのコピーを鞄から取り出した。
きれいな文字が並んでいる。頭がよさそうな文字だ。という感想は頭がわるい。

岸本の、紺色をしたフレームの眼鏡のむこうの、ひとのよさそうな眼を思い浮かべる。
馬鹿だなぁ、と思う。
これだけきれいなノートなら、一枚いくらで金を取ってもよさそうなものなのに。頭がいいわりに、抜けている。
ああいうやつが大人になってから、せこいやつらに利用されて、それにも気付かずにニコニコしているのだ。

ふっと、思い出しそうになって、首を振る。

ペーパーウェイトで岸本のノートのコピーを一緒にとめると、翻訳作業に戻った。
5カ月後の『ネージュ』オープン5周年記念パーティーに向けて、俺は新たな持ち歌を3曲作らないとならないのだ。
野々宮さんのいつものありえない無理難題である。俺は万能オルゴールじゃないっつうの。
でも、なんだかんだとその難題を呑みこんでしまうのは、野々宮さんの店を俺が好きだからだろう。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2016/03/04 07:30】 | Painkiller
|
***

「ただいま」
学生鞄をあがり框に下ろして、屋内に呼び掛ける。
妹のなずなが、夕焼けの茜色に染まったリビングから顔を出すなり、顔をしかめた。
「お兄ちゃん!ダサいから、鞄いっぱいに教材詰め込んで帰るのやめて」
「仕方ないだろ。男子高校生は女子中学生にはわからん、深刻な試験を倒すのにいっぱいいっぱいなんだ」

リビングに足を踏み入れながら申し述べると、赤いブックバンドで教科書を束ね、本人いわく《小粋》に中学に登校するなずながニヤッとわらった。

「エロいこともできないくらい?」
「なーずーなー…」
僕は妹の両頬をつまんで引っ張る。
「中学生の女の子が男子高校生の悲しすぎるエロ事情に口を挟むんじゃないよ」
頬を引っ張られたまま、なずなが真顔に戻った。

「試験、そんなに大変なの?わたし、本気で高校行きたくないなぁ」
「楽しいこともそれなりにはあるから、頼むから、そろそろまじめに高校受験がんばってくれ」

我が家に高校受験という暗雲を運び来る妹本人はのんきなものである。わたし、マイナスのつく因数分解がいまだにわからないんだよねぇ…、という不穏な発言を残し、なずなは自室に足を向けた。
共働きの両親がわりになずなの面倒を見てきたが、僕はどこで道を踏みたがえたのだろう。半ばわらいながらため息をついた。

冷蔵庫を覗くと、レンジで温めるばかりになったシチューがふた皿。……と、手帳とペン。
これは母親の悪癖で、台所でバタバタしているとき、冷蔵庫にありえない忘れ物をして出社してしまう。
延滞しかけたレンタルCDが冷蔵庫のなかから発見されたときは、呆れるを通り越して感心してしまった。それ以来、母親の失せものさがしはまず冷蔵庫をあたってみるのが賢明だとみんなでわらった。

『手帳とペンが冷蔵庫で冷えています。困っていたら連絡を』

母親にメールして、迫りくる試験の対策を立てるため、なずなの部屋の隣の自室へ向かった。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2016/03/05 07:30】 | Painkiller
|
***

学校帰りに、県立病院に寄った。白い建物を見上げる。
白。死の色、終焉の色。だって人間は最後、白い骨に帰るのだから。
軽く唇を噛んで、院内に足を踏み入れた。途端にがらりと空気が変わる。ひんやりと、でも確かにそこにある、《なにか》。
踵を返したくなるのを我慢して、エレベーターホールで5階ボタンを押す。なかなか来ない箱。

両親が交通事故に遭い、父親は帰らぬひととなり、母親は意識不明の昏睡状態に陥ったのは、俺が中学卒業と高校入学のあいだのなんともいえない宙ぶらりんな時間を持て余していたころ。
思いきり背伸びして受けた高校の合格祝いに、俺がほしがっていたメーカーのシューズを買いに行った帰りだった。信号無視のトラックを避け損ねた。
自宅で警察からの電話を受けた俺は、おいおいなんのドッキリだよと思い、まじで?と思い、嘘……と受話器を取り落とした。

その後のことは霞がかったような記憶で時系列も詳細も曖昧で、気づけば俺はなにもなかったような顔で高校生とジャズクラブの専属歌手をやっていた。

頼れる親族の類はいなかった。いきなりひとり放り出された俺。
だれもいない家の空白を胸がひりつくような思いで過ごすのなら、シンガーとして舞台に立っているほうが数百倍、数千倍マシだ。
それに、他人事のように話した俺の両親のことを、夜中に家にいたくない事情を、野々宮さんも新さんもベースのタムリンもピアノの由果姉さんも、本当に胸を痛めているんだな、というのが伝わってくる表情で聞いてくれた。ひとりで背負うには気が狂いそうに重い荷物。すこしくらい、他人に預けたっていいじゃないか。

やっと降りてきた箱に乗り込む。5階まで停まることなく上昇する。ナースセンターの看護師さんに軽く頭を下げて、母さんの病室を目指す。

『神谷野絵(のえ)』のプレートのかかった病室のドアをノックする。決して、決して応答のない音が響く。
そっと扉を開け、呼びかける。
「母さん、きたよ」

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

わらってなきゃダメって、どうして言うのかな。
はがれなくなった笑顔でなんだか疲れちゃった。
……それでも命一日分、きょうも頑張らなくちゃ。。。

【2016/03/06 07:30】 | Painkiller
|

ぶれこみさんへ
砂凪
こんにちは、ぶれこみさん。

きれいにまとまっている……!うわぁうわぁ、ありがとうございます(*´艸`*)
はいはい、印象派の絵が好きです。
あと、ご明察の通り近眼めがね女です。
なんかもう、コンタクトじゃ追いつかないレベルの近視らしい。

ほんとに苦労の連続なんですよ。
このあとのお話、ストックゼロですし。
もう、「ストックゼロ」っていう小説書いちゃおうかな。
どうしよう、ほんとに(笑)ネタが全然ないんですー。

なんか愚痴ってすみません。
ではでは、またまた~☆彡


ぶれこみ
 おはよう、砂凪ちゃん。
 あまり僕のようなものが偉そうに言うことでもないのだけど、敢えて言わせて戴ければ、ここまで、各場面がコンパクトにまとまっていて、とても綺麗にまとまっていると思います。でも、なんとなく思ってのは、この前も言っていた風景の描写が少しぼやけていて、絵画で言えば印象派的な、悪く言えば曖昧な描写の仕上がりになっているような気がします。思ったのは、砂凪ちゃんは近視なのではないかと(たしか近眼だったよね)。
 まあ、いつでも読者は作者の苦労を知らずに、無責任な発言をするものなので、あくまで参考までに留めておいて戴けたらと思います。
 では、また。

 

コメントを閉じる▲