FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
はじめましてのかた、こんにちは。
そうでないかた、いつもありがとうございます。
当ブログ、『aquarium』管理人の砂凪(さなぎ)と申します。

さて。
ひょんなことから(これはもう、ほんとうにひょんなことです)BLの存在を知って、その世界にあっという間にのめり込み、さまざまなサイト様をうろうろしだしてはや1年弱。
元来が『まねっこどんどん』的な性格のわたしは、「わたしも書いてみたい!」と思うようになりました。そして、月一で開催されている『お題SS』に参加させていただくこと9回目…あ、前の記事もそうです…そのイベントにて、おうちで連載されていたり、雑誌投稿されていたりするかたに色々お世話になるにつれ、「長い連載を描いてみたい!」と思うようにもなったのです。

…というわけで、このブログを立ち上げました。
(立ち上げの際の阿鼻叫喚としかいいようのない苦労話は端折りまして。)

ひとりの友人にしかこの趣味のことは打ち明けていないうえ、本・読書に関しては極めて保守的な家庭で育てられたため(例えばきのう、伊坂幸太郎さんの『首折り男のための協奏曲』という本を読んでいたら、題名に問題があると指摘してきた母に数ⅡBの45点の解答用紙を高校時代に発見されたときとおなじくらい渋い顔をされました…まっとうなミステリなのに…!)このサイトが知り合いに見つかっちゃったりしたらどうしよう…と怯えてもおります。
それでも、びくびくしながらも、語りたいことを綴っていく所存であります。

予告いたしますと、だいたい1週間後から連載スタートさせる予定です。そのまえに、ちょっと長い言い訳をさせていただきたく、このエントリを書いています。…これまでの前振りのお話も長かったですね、すみません。

1週間後から始まる、わたしにとってはじめての連載小説。まず、ご指摘されそうな点を…というか、書きながらずっと『自分ダメ出し』をつづけていた点があります。……基本設定がまず「ありえない」という、誠にどーしようもない点です。
(原稿の下読みをしてくれたBL友も『設定がありえないから!』とありがたいツッコミを入れてくれました。)
でも、考えてみてください。現実でもたくさんたくさん、『それはありえない』と思われ、『杞憂だろ』とされてきたことが、深刻な問題と化してしまったことがあると思うんです。
例えば。ミツバチの『減少』に伴い人類が危機にさらされている、という現実。凶暴化したミツバチに『襲撃されて』人類が危機にさらされている、というのならまだわかります。でも『いなくなる』ミツバチのせいで人類まで『いなくなる』。非現実的な現実だと感じます。
例えば。ここに書くのもどうかと思われますが…「地震がきたら大津波が起きて大規模原発が制御不能になっちゃうんじゃないかな…」というと、3.11まではきっと、『心配しすぎ』、『へんな杞憂』とされたのではないでしょうか。そのうち、『杞憂』が『先見の明あり』という意味でつかわれだしかねない、現実。

そもそも。
杞憂って『空が落っこちてくるんじゃないか』っていう故事から生じたことば。その『空』のオゾンに『穴』があいて、皮膚がんや眼科系疾患を引き起こしているのだから、あながちあの故事は『先見の明あり!』のような気もします。そのうち、空が落っこちてきた世界で生きる…、というプロットでお話を書いてみてもいいのかもしれません。

短くまとめると。←最初っからそうしなよ…。
「ありえない」設定の世界を、「ありえないだろ…」と一蹴するのではなく、「日常と非日常の境目」として楽しんでいただきたいのです。

そして。
BL小説サイト様をうろうろし、はじめて長いプロットを立て、書きはじめたはいいものの……あのですね……書けませんよ、わたしには、R18シーンが!エロ!無理!だってまだ15歳だもの。嘘です。12歳分サバを読みました。バレバレですね。というわけで、とりあえずはじめる連載は一切エロ抜きです。ご期待に添えなかったら困るので予防線を張ってみました。

以上2点ほど、『ほんとにどーしようもないな、こいつ』と思われても致し方ない言い訳を長々とさせていただきました。
それでもいいや、1週間後にこのサイトを見てみよう…と思われた方、ありがとうございます。
こいつダメだ、BL書きとして失格だろう…と思われた方、見捨てないでください。どうぞ、精進する過程を見守ってください。
(来るもの拒まず、去るもの追いまくりのさびしがり屋なのです。)

エントリを覗いてくださって、ほんとうにありがとうございました。
では、また1週間後に、お会いできたらうれしく思います。

2014.8.13 砂凪@管理人


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

【2014/08/13 10:37】 | つぶやきサボり。
|

小太郎さんへ
砂凪
こんにちは、小太郎さん。

そうですよ!
BL路線をいきます。
通過駅のわからない電車に乗った気分です。
でも、一本書きあげました✧

ところで『それなら』ってどういうことなのー!?(笑)
設定ならともかく、行為にかんして『無』から『有』を創り上げることがむずかしいです…。

たたた、たのしみに…。
あんまり期待しないでくださいね!


那須の小太郎
砂凪ちゃん、ちわっす(^o^)/

BL路線を行かれるのでしょうか(・・?
それなら18禁も書いてほしいけど砂凪ちゃんには無理なのか(~_~;)
ともかくも連載楽しみにしてるよ(^_^)/

コメントを閉じる▲
こんにちは。
本日、親友に英会話を教える手筈になっているのに、いまだ教材が完成していません。
……9割がたはできたから!
やればできる子、砂凪です。このエントリが終わったら取り組みます。
やろうとしない子、砂凪です。このエントリが終わってもダメかもです。

愛してやまない親友と英会話を差し置いても(笑)、そろそろ言い訳ぶりっこしなきゃなー…と。
『ひかりのひと』で一向にえろいシーンを描けない理由について。(笑)

わたしがRシーンを描けない理由についてしばらく考えていました。
ブログ村のみなさん、描かれているんですよねぇ…。
なんでわたしはダメなんだろう、と考え…ハッと思い当たったのは。

……わたしの恋愛観が歪みに歪んでいるせいなのでは。

それしかないよー…、となかば絶望的に思います。
9月のお題SSでとってもとってもがんばって『それっぽいもの』を書いたところ。
(どうでもいいですが、熱が出そうで…頭に冷えピタを貼りたい気分でした/涙)
『しあわせを感じる、というより“生きるため”のシーンのような』…というご指摘をサクッとズバッと受けまして。
『わたしが書いちゃうと、やっぱりそうだよね…!』と画面のこちらで打ち震えました。

歪んでいる、というのも。
いまだに、わたしには『しあわせ』がわかりません。(←どーん!)
感じたい、満たされたい、とは思うのですが、孤独でいるほうが落ち着くんです。
それはそれでつらいこともあるのですが…。

そもそも完全に理解し合うことができないのなら、最初からわかりあおうだなんて思わない。
どうせ最期はひとりなら、手に入れたぬくもりを連れて逝けないのなら、なんにもいらない。
言いきかせ、納得することばは『望まない』、『求めない』、『手を伸ばさない』。

なぜか『友情』に関してはぜんっぜん、まったく、こういうふうには思わないのですが。
こと『恋愛』や『色恋』になってくると…、完全にそういう思考に陥ってしまいます。
いびつな道に落ちつく、歪んだわたし。

以前、すごく純粋で、とてもきれいだったはずの恋だの愛だのが、なす術もなくどろっどろに汚れていくのを、泣きながら見ていることしかできなかったことがあります。
どれほど、かなしくてつらくて…、悔しかったか。
あれ以来です、わたしの恋愛観が歪んだのは。

“恋愛の先に『しあわせ』はない。きれいなのは上辺だけ。”

刷りこみみたいに心に刻まれた思い込みは、魂に残された記憶は、そう簡単には覆せませんでした。
きっと、わたしだけではないのだと思います。
だれにだって、あるのでしょう。
想い出が、想い出とも呼べないような乾いた記憶が。
でも、そこから抜け出せるひとと抜け出せないひとがいるのだと思います。

ちなみに。
もうあれから3年になりますが、いっこうに傷が癒える気配がありません…。
『さな、あんた重いから!』と友達みんなに言われます。
母にも、『いいかげんに立ち直りなさい』と。
努力次第で軽くなれたり立ち直れたり…するわけないだろー!と、思うわたし。

はぁー…、しあわせになりたいけど、なりたくないな。
最初から失うことに怯えなきゃいけないもの。
いいんだ、たぶん。わたしはこれで。

自分の影絵に向かって、ひとりじゃないよね、って言うような。

朝っぱらからへんなセンチメンタリズムに陥っているエントリ。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


こっそり参加させていただいております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【2014/09/13 09:04】 | つぶやきサボり。
|

Pearswordさんへ
砂凪
こんにちは、第三弾!

あの…12円は問題ないんですが、本棚的にかなり問題が…。
図書館で借りてみますねー。


Pearswordさんへ
砂凪
こんにちは、Pearswordさん、二弾目!

OFC…なにその先行情報!わたし知らないんだけど!バン!←ぱそこを叩く音。
ええー…、11/26!?大好きな大好きな親友の結婚式の直後ですね。
わたしを涙の海に沈めるつもりでしょうか、しばじゅん…。
タイトル「◎◎◎◎の◎」…うわぁ…気になる…気になりますよっ☆

未練たらたらの音楽男って…『王子様』のつづきじゃないですか?
今度、『番台』じゃなくて『法廷』が舞台になるといううわさが…。
じゃあ、「遊ばれた女」は…わたしぃぃ!?

ううー…、入会したいなぁ…。
先行情報知りたいもん。
FC限定ライブ行きたいです。
でも、冬は雪で動けないんですよねぇ…(深刻問題。)

金沢に来るといいですね。
もしも金沢にいらっしゃるのであれば、ぜひ、21世紀美術館へ!
すごいですよー。

北陸新幹線通っても、砂凪県はダメなんです。
特急線、ぜんぶ素通りされる見込みなんです!(怒)
路線図見ても、あきらかにそうですし…新聞も言ってたし…。
新幹線通る意味がないですよっ☆

すみません…柴田淳仲間がPearswordさんしかいらっしゃらないので、
ついタメ口&無駄な盛り上がりを…小説関係ない…。

魔女の息子
Pearsword
中古12円ですね。それか、図書館にも置いてないだろうか。
 

しばじゅんのニューアルバム
Pearsword
 OFC情報では11/26(但し変更になる場合あり)です。タイトル「○○○○の○」だそうです。
 未練タラタラの音楽男って俺のことだろうか……とか、壊れた男は俺のことにまちがいあるめえとか、思いますね、私も。
 また、OFCのイベントDAL'S CAFEが来年早々にあるそうです。砂凪ちゃん、OFC加入するなら、今しかないよ!! 箱を小さくして、場所を増やすとか言っているので、金沢にも来ないかなと、ひそかに期待しています。まあ、名古屋でも行くけどね。
 なお、北陸新幹線開業は、来年のホワイトデーだそうな。北陸新幹線引いたのは、男の力が大きいからかな? 
 


 


Pearswordさんへ
砂凪
いえいえ…。
なんだか、お手数をおかけいたしまして。

ご丁寧に修正、ありがとうございました!


Pearswordさんへ
砂凪
こんにちは、Pearswordさん。

避けては通れない道の迂回路を必死に探していますが…、決して『読むのは』きらいではないのです。
官能小説まではいきませんけどね、そのお話の流れに沿ってのシーンだと感動することもあります。

でも、『そのまま』って『そのまま体験』がないんですよ、BLの場合。
すべてが想像(…どういう!?)とほかの方のエロシーンの参考のうえに成り立ちます。

わかった!じゃあ、わたし『魔女の息子』を読んでみればいいんですね!
さらーりと流す方法をそこから模索したいと思います。(笑)
どういうものか、万が一、ご存じになりたければ
『BL、小説、R18』とでも検索をかけていただけると出てくると思いますよっ!

できが良い悪いのまえに、わたしの小説が成り立っているのか、ほとほと自信がありません。

そうなんです!
心情描写がすっぽり抜けてSFみたいになっちゃうんです。
それを回避するため、次作はひとり語り形式を採用しようと思っています。

アドバイス、ありがとうございました☆

◇めっちゃ余談◇
しばじゅんのアルバムリリースがもうすぐみたいです。
4曲完成したらしく…
1、未練たらたらの音楽男
2、失恋から立ち直ろうとする女の子
3、遊ばれた女
4、恋を壊した女と壊れた男
…らしいです。安定の、『不健全』っぷり♪
どうして、こういうのを小説に(BLですが)に活用できないのかな…。

日高千湖さまへ
砂凪
こんにちは、千湖さん!←なれなれしすぎるでしょうか…。
いつのまにか…そう、『いつのまにか』しれっとさらっとお仲間に入れていただきました!

千湖大先輩にも難しいですかー。
じゃあ、まだ卵から出てきたばっかりで、
なんとなくまだ湿気てる…みたいなわたしにはしょうがないですねぇ。
(妙にリアルな言い訳…)

72話までエロなし!すごいですっ☆
っていうか、『72話』の段階で尊敬します。

そうなんですよ、ニーズがあるかな、あるのに書かないのは申し訳ないかな…、って
無駄なサービス精神が働いてしまいましてね、なんとなく書かなきゃなー、と。

>砂凪さんらしくあればいいんです!
ありがとうございます~。

(いつかエロシーンが書けるように)頑張りますっ!
その他にも『人間として』頑張らなきゃいけない点が多々ありますが。(笑)

リンク貼り間違え
Pearsword
こちらです。(図々しくてごめんね!! )

エロシーン
Pearsword
 エロシーンの描写は、小説を書く上で、避けては通れない道ですが、官能小説でもなければ、それほど濃密に描写する意味がないですね。でも、一度、逃げずにそのまま描写してみると良い。かなり勉強になります。
 例の「魔女の息子」では、ゲイプレイの描写が何度か出てくるのですが、それもさらりと書いてあるので、あまり嫌悪感を催さないようになっています。BLのR18描写がどんなものであるかは、私には判りませんが、私自身、ネット小説をアップする場合は、あまりR18とかR15
を意識していません。それほど、濃厚なシーンを描かないので、そうなります。
 プレイの描写は、過ぎると官能小説に墜するので、やはりさらりと流した方が、小説全体の出来が良くなると思います。
 また、砂凪さんの小説の方法論として、どちらかといえばSFチックなところがあるので、なおさら濃厚なエロシーンは要らないと思います。
 以上、アドバイスまで。


日高千湖
こんにちは♪砂凪さん!

いつの間にかカテゴリお仲間になってましたね♪よろしくお願いいたします。

エロシーンって難しいですよね。大丈夫ですよ、日高は前回72話までエロなしで完結しましたから!エヘン←威張るな!

一応、最後にはイタシましたが(笑)

そう言うのナシでも成立するんですよ。(日高の書くものが成立してるとは言い難いですけどね)

なんとなくニーズがあるかな、なんて思って入れてる部分もあります(笑)

砂凪さんらしくあれば良いんです!

頑張りましょうwww



コメントを閉じる▲
こんにちは、砂凪です。
…というわけで、大親友の結婚式に出席するため出掛けてきました。
……1泊2日で。
いやぁ、仲間とわいわい泊まってきてよかったです。
ひとりだったら浸る想いに耐えられなかったに違いない。

心を偽って、おめでとう!と笑うことは醜いことじゃない。
と…思いました(笑)

実は27歳にして結婚式に出たことないひとだったのですが、
(交友関係はふかーく、せまーくな鬱陶しいひとなので)
あんなに、すてきで、きれいで、心温まるものだとはつゆ知らず。
もっと肩が凝って重苦しくて、という形容が当てはまるものと思っていて。
帰りの電車のなか、ひとりお式の写真を見て
にこにこ…にやにや、していた怪しい女になってしまいました。

式の感想はこれくらいで。
………わたし、いま、まったく声が出ません。
風邪気味だったんですね。
で、ホテルの部屋が乾燥していたんですね。
そして、というか、それなのに、今日はカラオケ5時間コース。
(砂凪さんはカラオケ大好き人間です。)
無理、は、するものではありません。
喉が痛いを通り越し、重く、呼吸しただけで気道に漂う違和感。
どうにかして『声』らしきものを引っぱり出そうにも、
すうすうと音がするだけ。
ああ、どうしよう。
あしたボランティアなのに!←ただのバカです。
ああ、どうしよう。ほんとうにまずいです。どうしよう~…。

とりあえず、のどスプレーをし、
のど飴を噛み砕く勢いで食べ、
…ていますが、いっこうに声が戻りません。

あれだね、カラオケ行ったあとに
みんなで買いものに繰り出し、
文房具や雑貨や化粧品で
年甲斐もなくきゃあきゃあ騒ぐんじゃなかったね…わたし。
(上記の愚行がトドメかと。)

こわいです。
女三人集まると、なにが起こるかわからない。
喉が完全に潰れたあとの復活の呪文をどなたか教えてください(笑)

******

ランキングに参加させていただいております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【2014/11/24 16:36】 | つぶやきサボり。
|
これまで、お世話になったひとの数はどのくらいでしょう。
愛してくれたひとは何人いて、
叱ってくれたひとは何人いて、
心配してくれたひとは何人いて、
見守ってくれたひとは何人いるのでしょう。

そして、わたしに「生きている」ことを望んでくれたひとは。

たくさんの想いに支えられ、苦節四半世紀とちょっとの砂凪、きょう28歳の誕生日を迎えられました。

昨年までは、誕生日前後、ものすんごく苦しかったことを記憶しています。
進みたいのに進めない自分、どんどん崖っぷちになっていく状況、ちっともよくならないビョーキ。
しあわせな日のはずなのに、その日の前後、涙があふれて止まらないこと多々…でした。
人生の険しさや困難さ、そこを思うように歩けない自分の不甲斐なさ。
「どうしたらいいのかわからない」度合いがどんどん積み重なり、情けなくてかなしくて。
自分で自分の人生が手に負えない感じで、そんな自分が嫌できらいで。

でもね、今年はなんだかうれしいんです。
ちいさなこどもに戻ったみたいに、一点の曇りもなく『特別な日』と思えています。
たくさん届くバースデーメール、贈りもの、電話。
その『もの』が嬉しいのはもちろんですが……←おいっ!
なんていったらいいのかな、その相手に、そのひとの心のなかに"わたし"がいることが、とてもうれしいのです。
気にかけてくれていて、誕生日を憶えていてくれるほど大事に思って、想って、いてくれて。
ひとりだけど、ひとりじゃない。
ひとり(+『ひとり』)くらいの距離を保ちながら、傍にいてくれるひとがいます。たくさん。

母が、誕生日に毎年、わたしに言ってくれることばがあります。
『やっぱり、あなたを産んでよかったわ』
だから、わたしは生まれてきたことを、誇りに思っていいのです。
育んでくれたひとがそういうのだから…どんなにしょーもない生きかたしかできずとも(笑)

選んで生まれてきたわけじゃないけど。
望んで与えられた命、っていうわけでもないけど。
でも、やっぱり『うまれてきた』ことはしあわせなことで。
そうは到底思えないときがあっても、とても、しあわせなこと。

歩け、わたし。
進め、28周回目のふりだしへ。

******

ランキングに参加させていただいております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【2014/12/08 09:44】 | つぶやきサボり。
|

あいみさんへ
砂凪
こんにちは、あいみさん。
お祝いのことばをありがとうございます。

あいみさんがメッセージを残してくれたのとおなじくらいの時間。
リアルでも携帯に『ギリッギリですまん…!』と友達からメールが届きました(笑)
いつも一週間くらい沈黙を保っている携帯なのに、きのうは着信やら新着メールやらにぎやかでした。
……さてはツンデレだろう!と。

わたしには、本当にいろんな誕生日がありました。
ハタチのひとりぼっちの誕生日(これは本当にかなしかった…)。
入院していた誕生日。
だからこうして、シャバ(…爆)で誕生日を迎えられるだけでもしあわせだったのだなぁ…と、いま思いました。

もう、あいみさんの作品は自分には到底書けないユーモアにあふれていて、連載が始まると毎日にこにこ…ニヤニヤではないですよっ!(笑)…しながら日参させていただいております。
そんなあいみさんに、わたしの更新を『楽しみ』と仰っていただけて、うれしく思います。
ユーモアあふれる、コメディタッチの作品も書いてみたいのですが、ウィットも奇知もないため…でもいつか!

はい、無理せず頑張ります。
きょうは晴れていますよ~!
心があたたかくなるコメント、ありがとうございます。

では、また!

栞さんへ
砂凪
こんにちは、栞さん。
お祝い、ありがとうございます。
同い年だったんですか!?うわぁ、奇遇ですね。

祝ってくれるひとがいる、本当にうれしいし、しあわせなことと思います。
『すてき』と仰っていただけると、この先も書いていこう!という気持ちになれます。
わたしも、栞さんのお話、好きです。
静かななかに、流れるもの。
いつも心を揺さぶられています。
明日都はこれからまた、ひと波乱ありますが……
最終話を楽しみにしていただけると幸いです。

栞さんも、どうぞ体調に気をつけて。
では、またいらしてくださいね。


十織愛深
こんばんは。
ぎっ、ぎりぎり間に合った…!!!
お誕生日、おめでとうございます。
月並みですが、砂凪さんにとって実り多い一年となりますよう、お祈りしております。

色んな誕生日があってもいいのだと思います。
ひとりでしんみりと「あ、誕生日」と思う年、みんなにお祝いしてもらう年、日々に忙殺されて忘れていた年。

どんな年でも、その日は自分にとって大切な日、なのですよね。

いつも拙作へコメントをありがとうございます。
あんな駄作なのに「面白かった」と砂凪さんから頂ける一言が、本当に励みになります。
砂凪さんの連載が、自分の毎日…ではなくて申し訳ないのですが、楽しみになっております。

雪かき特攻隊、無理しないで下さいね。
寒波、早く緩めばいいのになぁ。
では、暖かくしてお過ごしくださいませ。

こんばんは。
草木栞
草木栞です。
お誕生日おめでとうございます。
私のほうが数ヶ月年下でした。

祝ってくれる人がいるというのは嬉しいものですよね。
私もお祝いさせていただきたくてコメント致しました。
いつも素敵なお話をありがとうございます。
砂凪さんのお話を読むことができて、本当に嬉しいです。
私のブログにコメントを頂けるのも。
明日都君の未来が明るいものであれば良いなと思っています。

寒いので(雪かきでも)、体調を崩されませぬ様、お祈りしています。
それでは失礼致します。

コメントを閉じる▲
日本に生きているはずのわたし。
だけど、どうにも、この国の本質が見えてこないのです。
唯一の被爆国、世界規模の原発事故を引き起こした国家、平和主義国。
そういった諸々。
この国家の髄の部分で、だれがなにをどう思っているのでしょう。

聞こえるのは、権力者の声。
平和やしあわせを祈る声は、猛々しい声に掻き消されて届かない。
本来は"わたしたち"が"権力者"であるはずなのに、"外"から聞こえる。
その声に対する、まちがっている、異議あり、という声は踏みつぶされる。
歴史たちは語っているのです。
時の権力者に歯向かうものは、意見するものは、簡単に捻り潰される。
それが権力者の立場を危うくするものであればあるほど。

国民主権?
人民のための政治?
本当に、そうなのでしょうか。
どこかで、なにかが歪んでいるように思うのは、わたしだけなのかな。

この国は、戦争を許す国家になるかもしれません。
あくまでも、いまは"可能性"ですが。それでも…だんだんと、じわじわと。
戦争でなにが得られるのでしょう。
無益なことです、なんの益体もないことです。
憎しみの連鎖、絶えない悲しみ、終わらない苦しさ。
そういった悲劇が繰り返される中で、たくさんの命が失われました。
そして、いまだなお、失われていくだけではないですか。
たぶん、ですが。
気付いたときには、もう手遅れになっているのでしょう。
なにも言えない、言わせない、言うことが許されない。

今回の選挙、戦後最低の投票率だったそうですね。
"権利"なんです、投票権は。
それでも、国民が"主権"を有する国なのです、この国は。
"主権者"が"権利"を放棄している、という事実。

やっぱり、この国の本質が見えないのです、わたしには。
あなたの目にはなにが見えますか?
光溢れる魅力的な未来は見えますか?
ここから生きていくわたしたちの未来。
これから生まれてくるこどもたちの未来。

わたしには、なにも見えません。
見えないけれど、この国に生まれました。

******

また長々すみません……。
冷静に書こうと思っても、どうしても感情的になってしまいます。
ご不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら、本当にごめんなさい。

ランキングに参加させていただいております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

【2014/12/15 11:22】 | つぶやきサボり。
|