FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
「なんだよ」
今にも崩れ落ちそうな階段の踊り場で振り返った末延は、実にわかりやすい表情を浮かべていた。
「お前さ、ひょっとして、本気で新崎さんのこと好きだったの?」
「だったら?」
挑むように問い返され、和晃は一瞬怯んだ。
「だったら、新崎さんをお前に盗られないように、俺、頑張らなきゃいけないだろ」
末延が噴き出した。笑い声が踊り場に軽やかに響いた。

「韮野、お前わかりやすすぎ」
「……え?」
「ニーザキちゃん、よかっただろ」
昨夜の互いの痴態を思い出し、口ごもる和晃をからかう口調で、寂しそうにわらう。
「俺がいくら頑張っても、もうニーザキちゃんをお前から取り上げんのは無理だよ」
「でも、警戒しとく」
和晃は油断ならぬ相手に言い放つと、踵を返した。
「ニーザキちゃんとのラブライフには、そのくらいの刺激があったほうがいいかもねー」
いまだに強がりを見せる末延に、後ろ姿で手を振った。

***

軽自動車の車窓を流れる午後の町の風景を、新崎は窓に額を押しつけんばかりに飽かず眺めている。
「スーパーの規模が村と全然ちがう……」
「まぁ、棺入は《すてきな限界集落》だしなぁ」
ハンドルのうえで音楽に合わせて軽く拍子をとる。外出がこれほど楽しいのはいつ以来だろうか。
「……あ」
新崎が大変なことに気付いた、というように和晃に声をかけた。

「ニラさん!」
「なに?」
「これ、初デートじゃない?」
肯定も否定もできずにいると、新崎は嬉しそうにわらう。
「記憶の新規更新、一歩目」
「そうだな」
家具店の駐車場に車を停めながら、軽く肯定した。
そして、初デートがタオルケット購入のための遠出か、と軽く嘆きモードに入っていると新崎が嬉しそうに言う。
「ちょうどいいね。タオルケットを買いに行くって」
「なんでだ!」
自分とはまったく違うモードの思考回路を持っているらしい。
「だって、ずっと一緒に使うものだし」
無邪気に新崎は言うが、何度かその発言者と身体を重ねた身としては、この台詞は消えてなくなりたいほど恥ずかしい。そもそも、今日だって出掛けるまで散々……。
「ニラさん、行こう」
車から降りた新崎は、秋の陽射しに照らされたシャツにハレーションを起こしながら、明るく言った。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2015/12/01 11:11】 | 棺入村、《おくやみ課》
|
これはこれは、こんにちは、砂凪です。
いやいやいやー、終わりましたね、《おくやみ課》。
個人的には最後、末延がお気に入り人物になっちゃったのですが(主人公ふたりはね、もう勝手によろしくどうぞーって感じ)、いかがでしたでしょうか?
あ、あと莉久のナチュラル天然ぶりに描いていてほのぼのしておりました。

《そこは命の~…》が全体的に重い感じだったので、《おくやみ課》の雰囲気は軽めにしてみたつもりです。
「わたし、こういうのも書けるのね!」とちょっと自分で自分にびっくりです。
……でも。根っこの部分はあんまり変わっていませんね。
どうしても、「家族」「生き死に」がベーステーマになってしまう。
何をどう描いても、ここからは出られないんだろうなぁー、などと痛感する次第です。

そして、《ゆめなかば》カテゴリ設定時にお伝えした通り、これから結構長い間、ものを書くことから離れざるを得ません。
はい、ゆめなかば更新のはじまりです。
夢追い自体はひと月半ほど前からはじめていますが、本格化させていきます。

追いながら、つらつらノートに書いてきたことをすこし……。

2015/11/09
ふつうに考えたら、ありえない夢を見てることくらいわかってる。わからないわけじゃない。
だけど、容易くはありえないことをひとは夢と呼ぶものでしょう?
損得勘定に合わない、理屈にもそぐわない。
だから夢なのでしょう?
たかだか「夢」だから、だからこそ諦めがつかないの。

2015/11/13
いままでの流れる時間が、ずっとうしなうことばかりで、失くすことにだけ順応してきた。
でも、夢を追っている時間だけは、わたしだって正しいひとになれる気がして。
堆積していくものを見ている気さえしてきて。
正しく積み重なる時間を過ごせる気がして。

2015/11/25
泣いたりしないことが、強いひとが強いのだという証明なのだと思ってた。
いつ終わるのかさえ分からない世界で、あしたを疑わずに力いっぱい生きて、それでも足りなくて。
足りない自分が悔しくて泣いたりすることが、強いことなのだと思ってる。

部分部分で抜き出してみましたが……。
青いですねー(爆笑)、いくつだよ、わたし。あー、こっぱずかすぃぃー……(*〃艸*)
でもですね、これくらい青いパワー(?)がなければ、夢なんかこの歳では追いかけられません。
向かう方向性に関するパラメータが押並べて低いことを自覚している夢だと、なおさら。
(ええ、砂凪の残念な頭と正反対の方向にある夢なのです)

氷のような雨にも負けず、がんばります!
あ、でもいきなりのどしゃぶり、とか延々と五月雨…とか、はご遠慮願いたいですね。
……負けまくっていますね。
ちなみに、わたしは小糠雨の降る外を見るのが好きだったりします。

それでは、10日、20日、30日の『ゆめなかば』更新。
次回は10j日にお会いしましょう。
それではっ☆⌒゜

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2015/12/02 11:06】 | ゆめなかば
|

12月8日の鍵コメさんへ
砂凪
お誕生日、ありがとうございますー。

活動というか、ちみちみ積立加法をしているというか。
(『積立加法』はとある事象に対する砂凪のもじりです)
ハッピーな未来、掴みにいきますよー!

DMもよみました❤
お返事できなくてすみません。
こちらの方がやっぱり反応できますので、伝達事項のある場合にはこちらにお願いします。

ではではではー☆⌒*゜

12月7日の鍵コメさんへ
砂凪
こんにちは。
アドレス、ありがとうございます。
そうです!それでいいみたいです。

近いうちにメールいたします。

ほんと、まったりいかないとダメですね。
鍵コメさんもお身体気をつけて。
この時期は具合が悪くなりがちですよね、お互い無理せず行きましょう。
ようやっと、基礎が固まりつつあるレベルの砂凪は「焦れ!」と自分を叱咤していますが。

それでは、また。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


小太郎さんへ
砂凪
こんばんは、小太郎さん。
最後まで読んでくださってありがとうございました(● ̄▽ ̄●)/

バタバタしてます、夢追い。
モッチー(メンタルの主治医)が、「計画!行き当たりばったりでなく、計画を持って~」といつも言うのですが。
計画性とかスケジュール管理とか、ほんと程遠いので手当たり次第にバタバタしてます。

ほんと、一晩ごとに寒くなりますね。
たまに晴れると、やれ布団干しだの洗濯物だの、いっぺんにやることが増えます。
ファンヒータの給油も何気に大変な作業です。

待っていてくださるとのこと、ほんと恐縮です。
毎日更新できなくてごめんなさい……。

ではではそれではー(^▽^)/~~~

鍵コメさんへ
砂凪
こんばんは。
お返事遅くなっちゃって、ごめんなさい(≧へ≦)

時間、ほんとにまちまちです。
羨ましいです!わたしも通いたい!
半引きこもり、ほとんど自室の机の前から動かないライフは心にも身体にもよくないです…。

わたしは結構前向きですね。
これで、どうにもならない現実ともサヨナラだわ!(うまくいけばの話)と、できるだけいいほうに考えています。

めっちゃ忙しいですが、むっちゃ充実しています~~~。

メアドの件、了承いたしました❤

それでは寒さの折、風邪など召されませんように。

夢追い人さん、こんにちは(^◇^)
那須の小太郎
《おくやみ課》連載お疲れ様でした(^。^)
和晃くんと梢ちゃん、末永くお幸せに(●^o^●)

砂凪ちゃんは毎日夢追いに励まれているんでしょうか!
これから本格的に寒くなってきますので風邪など引かれぬよう
お身体労りながら目標に向かって頑張ってくださいね(^.^)

それでは、『ゆめなかば』の更新を心待ちにしております(^_^)/~

管理人のみ閲覧できます
-


鍵コメさんへ
砂凪
こんにちは~!
はじめましてっ!当ブログ管理人、砂凪です。
いつも読んでくださっているとのこと、ありがとうございます!

邪推なんかじゃないですよー、推測、ど真ん中ストライク!です。
コメント通知メールを読みまして、びっくりしました。←で、慌てて返信しています(笑)
でも、ひょっとしてバレてないと思っているのはわたしだけで、実のところはバレバレなのでしょうか……。

わたしが夢見ているのは鍵コメさんの夢の文字列のうえに一文字足した《わたしの居場所》です。
そうですか……わたしと同病なのですね。
同病相哀れんじゃうビョーキですので、「お互い無理なく」としか言えません。

ちなみに、わたしは変に外界の刺激を受けないようにと、おうちで夢追いしています。
夢追いは一日10時間以上できることもあるし、4時間程度しかできないこともあります。
ビョーキのせいなのか、わたしの気分のムラのせいなのかはわかりませんが、とりあえず、あまり形から入らないようにしています。
(いちにち◎時間以上、とか一カ月以内にここまで進める!とか)
慣らしのためにも「できる限り、要領よく」を心がけています。

ここ一カ月の体調ですが、《ずっと寝ていた》のが《起きている》ようになっただけでも進歩です。
メンタル面も(女の子週間の前など除けば)、ものすごく安定しています。
母も主治医もカウンセラーさんも「砂凪に必要だったのは目標だたったのか!」というリアクションです。
母なんか、「お母さんはね、結果はもうどうでもいいの。砂凪がこんなに安定するだけで価値がある」と言います…オイオイ。

いえいえー、コメント大歓迎ですよ~。
ただ、この場のコメントのやりとりだと話しづらいことてんこ盛りですよね…。
直接、お話しできるメアドなど教えていただければ(フリーメールでまったく構いません)お互い……なんだろう、同じ穴の狢?じゃなくて同志ですので(狢はあんまりだ(笑))いくらでも具体的なご相談に乗ります!
っていうか、お互いに愚痴ったり励ましあったりしたいです!
怪しいものではございませんので、そこはご安心ください。

では、鍵コメさんさえよろしければ、メアドの件、検討してみてくださいねっ……✧
(送信コメントに鍵かけてアドレス入力欄にメアド書いてくださればOKですよ!)

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
名曲、《恋に落ちて》。
二酸化炭素がバラになるなんて、なーんてワンダフォー!な比喩。
わたしも最近しょっちゅう、ラマーズ法もびっくりの呼気を長々吐き出してますが、なかなかバラにはなりません。
たぶん、《恋》の要素がざっくり抜け落ちているから。
《がくっとくることありますね~♬》って気持ちをこめた『ため息』、『吐息』ではなく、あくまでも『ため息』が口からひょろひょろ彷徨い出でています。
同じ酸素と炭素の結合物なのに、すてきさ度合いに『吐息>>>>>>>ため息』みたいなニュアンスを込められる日本語、やっぱり凄いな。
英語だと、少なくともわたしの知る限り、両方とも”sigh”です。

二酸化炭素をぽわぽわ吐き出しつつ、頑張っています、夢追い。
「知らねえよ!」と投げ出したくなることもありーの、「そうそう、そうなんだ!」とひとりでだれに向かってかは知らない(そして相手が判明していても、既に賞賛相手がunder graveっぽい)膝うちをすることもありーの。
両親には「まさかここまで続くとはねぇ」とようやっと本気度合いを知らしめました!
やんややんやー。

知らないほうがいいこともあるけれど、やっぱり、知ることは楽しいことです。

ただー。
夢追いの特性上、どうしても部屋にこもりきりの作業が増加。
バイト以外では、あんまり外出していないのが現状でございます。
(「バイトは続けなさい!」と、具体的な夢の話をしたほぼ全員に言われているのです)
それに伴いまして、重量も物理的増加の一途を辿っています。
3キロほど増えましてですね、米袋の3割jの重さが自分にまとわりついたと思うと、なんだかなー…って。
わたし、どうやら足から太るひとのようで、ジーンズ危機を迎えております。
どうしてお腹が減るのかな♬…という、人類の根源的問題に立ち向かいたい気分です。

さて、冬本番ですね。
砂凪エリアはこれから白に閉ざされます。
人工衛星だって打ち上げられる時代なのに、どうして「雪が降らないようにする」ことは叶わないのでしょう。
科学の発展の限界を感じます……。
さて、《脱☆雪国暮らし》がオマケについてくる夢。
降り積もる白い音に対する憤懣をエネルギーに変えて、ずんずんずんずん頑張りたいと思いますー。

それではっ☆⌒゜

【2015/12/10 11:56】 | ゆめなかば
|

鍵コメ、T.A.さまへ
砂凪
こんにちは~~~。
ひっさしぶりにログインしまして、お名前を拝見して小躍りしています。
またお会い(?)できて、ほんとに嬉しいです。
Aさまのことはしっかりばっちり記憶させていただいておりますよ~~~。
いろいろと、心配かけたりしてしまったことを主に。

Aさんとはちがう意味の合格ラインを追っておりますわたし。
合格したところで、また蓄積して、6年後には別の合格を追いかけならなければならない合格。
(謎かけみたいになってきました)
届かないもどかしさや「もっと頑張らなきゃ」や、「果たして届くのか?」という不安。
「成績表」のたとえを出したころより、Aさんのお気持ちに近いところにいるかもしれません。

すこしの時間も惜しいいまとなっては驚くべきことに(笑)暇だったわたしには、腐るほど時間がありまして。
「時間銀行」があったのなら預時間していたにちがいないのですが、Aさんに「嬉しい」と仰っていただけるのなら、ただぼんやり書いてた時間も無駄じゃなかったのかな、と思います。

そうなんですよ!

どうしてもっと早く振りかえらなかったんだろう、と思う過去に未来を見つけまして。
もういちど、本気で立ち向かうことにしました。
あのころは「夢追い」にまとわりつく期待がわたしには不安に見えて苦しかったのですが、いまはのびのびできる分、気持ちは楽です。
現実はシビアこの上ないんですけどね。
平均値にも届いていないのに、平均以上までいかなくちゃいけないのですよー。
あはは、どうしよう(笑)←わらい事じゃない…。

それでも、いろいろやっている「過程」が楽しいので、もしもダメでもこれも無駄ではないかなー…と。
視野狭窄だけは起こさないように気をつけます。
やっと、きれいなものをきれいだと思えていたころのわたしに、「わたしのためにいま頑張ってるよ!」と笑顔で後ろめたさなく告げられるようになったかなー…と思えるのが一番嬉しいです。

まわりはあっという間に真っ白になりました。。。
つい昨日のこと、カーテン開けてあらびっくり(笑)
雪かき、今年と来年はしません。そして、うまくいったら永遠にしなくてよいのです。

コメントありがとうございました。
心がほんわりいたしました。
いつでもいらしてくださいね。レスが遅れますが、いつでも門扉はフルオープンです。

それではではー☆⌒゜

小太郎さんへ
砂凪
こんにちは、小太郎さん。

全然ちがうもののようにわたしには感じられるのです。
日本語は和語と漢語があるぶん、他の言語より繊細なような気もしますね。

雪の便り、、、便りがないのはいい便り、とこの上なく思います。
「暖冬」とは一般的な考えと気象庁の定義が異なるようです。
太平洋側でもじめじめした冬のことだとか。
だから必ずしも雪が少ないわけではないみたい。

心配しないでください!
楽しんで頑張っていますので。
そうなんですー、雪国を離れられるんです、……夢がかなえば。
よっしゃー、やったるぜー。

のどぬーるとうがい薬は必須ですね。
お気遣いありがとうございます。

小太郎さんもお大事になさってくださいね。
それではではー。

管理人のみ閲覧できます
-


安堵)^o^(
那須の小太郎
砂凪ちゃん、こんばんは~(^v^)

ため息と吐息、そんなに意識していませんでしたが
日本語は繊細なのでしょうか!

また雪の便りが聞こえる季節になってきましたね(+_+)
今季は暖冬だって言うから雪が少なければいいけど。

部屋に篭っているとどうしても食べちゃいますね(。・・。)
哺乳類は冬場はカロリーを蓄えるものだからσ(^_^;)

心配になるほど頑張ってるみたいですね!
夢が叶うと”脱☆雪国暮らし”になるの(?_?)

風邪ひかないでね。ではでは~(^_^)/~

コメントを閉じる▲
『今月の目標 ねばりをみせよう』
短冊型、大きめに切られた大洋紙。そこに並んだ文字列。四隅を画鋲でとめられ、担任の先生によって黒板の右側の学級板に提示される、画一化された「めあて」や「目標」。
たぶん、小学校2年生のころの記憶だが、ある。ならば、おっとりした男性教師のU先生だ。

『ねばり』
少々、小学生のぴーちくぱーちくたちには荷が重い。
頑張るのでもなく、努力するのでもなく、『ねばりをみせよう』。
綱引きの際にも適用されていたことを記憶している。「ほらほら、《ねばり》を出して」。

8歳クラスの全員をなんとなくべったりねっとりした《なにか》で巻きこんでしまう、《ねばり》。
なんとも土っぽく泥臭いことばだ。「頑張ろうね」の温かさや「努力してみる」の前向きさ、といったものはあまり感じられない。
『ねばりをみせよう』の曖昧模糊とした感覚に比すれば、「死にもの狂いでやれ」「諦めるな」といった古色蒼然スパルタフレーズのほうがよほど、わかりやすく好ましい。
しかも、《ねばり》のよくないところは、その粘るが故に純真無垢なこどもたちを《どうやら僕たち、粘らなくちゃいけないみたい》の渦思考に巻きこんでいくところである。
通信簿に「ねばりが足りません」と書かれた日は世界の終わり、というような。

思うにつけ、《粘り》のスタートラインはマイナスなのだ。
失敗しかけている、それでもあきらめちゃいけない。そんなニュアンスを、《粘る》はそこはかとなく気だるげに纏っている。
《粘って》いる時点でもうそれは半分失敗モードに入っているみたいに。
勝っている綱引きのゲームで「ねばりをみせて」とは言わないように。
そんな疲労感漂う《ねばり》である。

考えてみるに、《ねばり》をみせる食べものたちもそこはかとなく田舎の風情を漂わせている。
例えば納豆。例えば長芋。
どちらも、洗練の空気とは程遠い。

そして。キング・オブ・《ねばり》。
……自然薯。

これはすごい。
ねばりの持つニュアンスを体現しているような生態(アンダーグラウンドでぶったまげるくらいに長く長く、着々と根を伸ばす)といい、すり下ろしたところでおろし金にまとわりつくあの鬱陶しさといい、すりおろされた物体のただ事ならない一体感(揺さぶろうが天地を逆さにしようがどこ吹く風)といい、幼少期にわたしが感じていた《ねばり》のニュアンスをものに変えたら自然薯以外のなにになろうか。

ああいっそ。とわたしは思う。
自然薯クラスの《ねばり》がわたしにもしもあったのなら。
夢も易々と叶うのだろうか、経路途中の挫折もなんのその!と乗り越えられるのだろうか。

もう、小学生のぴーちくばーちくではないわたし。
そろそろ、《ねばりをみせよう》のもつ、ポジティブなニュアンスが見えてきた。
ああいっそ。と再度、思う。
あぁ、わたし、自然薯にんげんになりたい。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2015/12/19 09:57】 | ゆめなかば
|

小太郎さんへ
砂凪
こんにちは、小太郎さん。

粘りだけに、ネバーギブアップ……。
いま思いついたくだらなさすぎるダジャレです。
負けているのに負け切れない未練がましささえ感じます。

自然薯。
あれ、すり下ろすと大変ですよね、目詰まりで。
天然の自然薯はほんとにおいしいです。
父はときどき山から採ってきます。
山人なので(笑)

糊はくっつきパワーがすごいですよね。
むしろ、自然薯以上の力を秘めているものかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました☆

おはようさん(*^_^*)
那須の小太郎
粘り!決して勝っている側の言葉ではないね。
追いつめられて踏ん張る感じですね(。・・。)

自然薯!あれは凄い(@_@)私は大好物です)^o^(
今は栽培物が大半でしょうけど
天然自然の自然薯は収穫も容易では無いようですね。
厳しい環境で育つからこそあれだけの粘りも出てくるんでしょう(。・・。)

私は糊ほどの粘りもありません($・・)/~~~

コメントを閉じる▲
たとえば、の練習問題。
―……ポケットに忍ばせた夢を微分せよ ただし時間経過をy軸とおく。

目指すべき夢を見失ったら、きっと目指す未来もかすんでく。
一度暗転した世界を照らす解が、叶え忘れた夢にあるのなら。
わたしは、問いに挑んでみよう。
どんなに難しい《照明》問題でも。
鮮明になる未来が決して優しくなくとも。
「絵空事。」とだれに言われようとも。

震える声、震える足で呟いた。
「この足で、踏み出してみることを導関数とすればいい。」
導関数の名は、きっと勇気で。

導関数を導く公式を狂わせていたのは、
わたしが勝手に決めた諦めのコード。
「諦めが肝心」って、挑む前に呟いたルール。
法則を取り戻そう。
解読不能にしていたのはほかならぬ自分だ。
だって。
夢の価値は「だれか」のサビた物差しや天秤で測るものじゃないから。
そもそも、測るものじゃ、ない。
筋書きはない。
プロットも、ない。
シナリオの消えた物語のうえを走るもの。
自分でも操作不能の成り行き任せでレッツラゴー、進んでいく、進んでいけ。

遠い過去に見た夢はこれだっけ?
いまなら、YESと頷ける。
ちいさなわたしが、大きくわらうから。
変わりないものを探しながら、変わる自分に惑う時間はさあ終わり。
だれのためでもない、わたしのためにわたしは傷を抱えてわらうの。

ポケットに忍ばせた夢を微分せよ。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2015/12/30 09:43】 | ゆめなかば
|

Pearswordさん
砂凪
こんにちは、っていうか、おはようございます、っていうか。。。
おひさしぶりです。
お元気でいらっしゃいますか?

わたしはこの通り「眠れない」「わらえない」「食べられない」の『3ない運動』をしています。
ダメですねー…なんか、完全に心が参ってしまっている感じです。

今回の筋書きが「筋書き」だったのなら、神も仏もこの世にはありゃしないよ、というのがわたしのなかの統一見解です。
プロットを外したのが「わたし」なら、まだ受け入れられますが、運命とか人生の物語がこれだったのならやりきれません。
そう思うと、閉塞感ばかりの世界で、必死に生きなくてはならないのは、みんな同じで。
『楽しい人生』なんて『きれいな世界』なんて、どこにもないのもすべて同じで。
やりきれないのがこの世の常とは言いますが、ね。

明るかったはずの未来の空は、4か月晴れただけでもう曇ってしまいました。

とりあえず、キンドル情報ありがとうございました。
まだ、なにをしたいのかがわからないので(そしてなにをしなければならないかも当然の如く五里霧中……)、書くことに戻るにせよ、この場でチマチマやっていこうと思います。

コメント、ときどき投下してください。ひとりはつらいので。

追伸:
パシフィコ羨ましい限りです(≧_≦)
そのころきっとわたしはベクトルの内積とか、弱酸遊離反応とかと「僕はひとりで闘う」状態でした。
いいなーいいなー、セットリストだけでもいいのでコメントで教えてくださいー(≧人≦)


ぶれこみ(Pearsword)
お久しぶりです、大変お邪魔します。
 元気でやっているかな、砂凪ちゃん?
 僕は1/11に横浜パシフィコに行ってきました。素晴らしい感動の時間でした。いつまでも聴いていたかったけどあっという間に終ってしまった……。
 話がのっけからずれました、御免なさい。
 保坂和志が小説入門で書いていましたが、野球やサッカーは「筋書きの無いドラマだ」と言われるけど、そんなことはなく、予測された筋書に沿って勝つか負けるかだけだそうです。確かに、9回になって、投手が抑えてセーブか完投するか、あるいは逆転されて負けるか、延長になるかだけのちがいですね。マウンドで投手がマグロを捌きだしたら、筋書きの無いドラマだと、保坂氏は言います。
 それと同じで、常識に従って生きている限り、人生にも筋書きがあるのではないだろうかと思うのです。突飛なことをして、筋書きを壊そうとする試みも、結局は人間の類型のどれかに分類されるに過ぎず、筋書きはある程度用意されているものでしょう。
 夢関数も、ランダムに浮き沈みするものではないのでしょうね。そう思うと、差し上げた手も重たく落ち行きがちですが、仏果としてのステップを踏んでいけば、必然的で明るい未来が開けてくるものと思います。ある意味生得的なものなのかもしれませんが。
 関係ない話ですが、今キンドル化が無料で出来るそうですね。実益にならない価格で売るとしても、ブログ小説で公表しているよりも、アマゾンキンドルで扱って貰った方が多く読んで貰えるような気がします。ぼくも一つアップしてみましたが、まだ表紙が出来ていないので、検索に掛かりにくいです。
 ひさしぶりだからといって、少々書きすぎました。懐かしくてね。砂凪ちゃんは相変わらず可愛いし。また、よかったら、返コメください。では、よろしく。

小太郎さんへ
砂凪
小太郎さん、あけましておめでとうございます~~~!!!
遅くなってすみません、わたしは元気です。

従前のわたしのイメージはそれでは、力弱かったのですね!
うーん……うん、頑張って動いてみようと決めました。
応援してくれているひともいることですし。

若くない!です!!!
もう三十路なので、ちゃちゃっと頑張らなくては。
新しい年迎えちゃいましたねー。
どうしよう(笑)
なんだかんだえらそうに言ってますが、来年の今頃は仮死状態かもしれません(大笑い)

フィジカル面のコンディションだけでも、せめて万全にいきたいです。
すてきなお正月を迎えられたことをお祈りしつつー。

それでは、また。


那須の小太郎
砂凪ちゃん、こんにちは(^。^)

従前の砂凪ちゃんとは打って変わって力強さを感じますね!
余程大きく突き動かされることが有ったんでしょうね(。・・。)

若人は夢に向かって歩むべきです(。・_・。)
まもなく新しい年を迎えますね。
来る年は砂凪ちゃんの努力が実を結ぶよう祈ってますよm(. .)m

くれぐれも体調管理には気をつけてくださいね。
それでは、良いお年を(^.^)/~~~!

コメントを閉じる▲