FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
県立博物館で開催されている古生代展のチケットを、同僚からもらった。
ことを、実秋が思いだしたのは約束も予定もない日曜日の昼下がりだった。時間だけはたっぷりある。考えたくないことばかりが去来する脳をもてあましていたので、アパート最寄りのバス停まで歩いた。
強い日差しがくっきりと地面に影を落とす。ゆらゆら陽炎のなかにあるそれは、まるで『死』そのもののようだ。生きることと死ぬこと。
表裏一体の裏側に、予兆も理由も原因も言い訳もなにもないまま逝ってしまったひとのことをまた思いだしそうになる。繰り返しても、どれだけ繰り返しても、記憶も物思いも摩耗をしらない。

博物館の入り口でチケットをもいでもらう。
展示室までの廊下が延びている。靴音はひとつだけ。ペアチケットのもう一枚をどうすればいいのか思案しながら、廊下の奥にふと目をやった。
信じられないものをみたとき、ひとは「信じられない」と瞬時にはおもわない、ようだ。
「……わたる」
死んだはずの恋人が展示室のほうから歩いてくる。

信じられないものをみたとき、ひとがおもうのは「どうして」である、ようだ。
どうして、ここに、渉が。空気がのどにまとわりついて、名を呼んだあとに、なにも言えない。
行き場のないペアチケット、古生代から連れられてきた展示物がつくりだす時空のひずみ、博物館の持つ力。
そんなこんながまじりあって、呼びあって。
でも、まさか、そんな。
あんなに会いたかったときに、会えなかったのに。
どれだけ呼んでも、届きはしなかったのに。

「みあき」

博物館の廊下になつかしい声が、もう「なつかしい」とおもってしまう声が、ひびいた。好きだった、呼ばれかた。
接着剤で薄っぺらい絨毯に縫い付けられていたようになっていた足が、その声でほどけた。
ゆっくり歩み寄った。駈け寄ったら、消えてしまいそうだった。

「みあき、ごめんな」
恋人の声に首を振った。手を伸ばし、にぎりしめた。それなのに、遠い存在だということがわかった。
渉が死んでから、はじめて、「遠い」とおもった。
もう遠い。もう届かない。この機会を逃してしまえば。
「なんか俺、もう、疲れきって、て」
「うん」
「実秋」
「なに?」
「すきだったよ」
「うん、すきだよ」
なんども交わした言葉。最後に交わす、繰り返していた、『いつも』。
ずっと続くと信じていた。途切れながら、かすれながら、それでも続くと、続いていくと。

「ばかだな、死んだりして」
「うん、ばかだね」

するりと、手が離れた。恋人はわらった。ひさしぶりにみた、笑顔だった。
この笑顔を見せることがなくなっていたことに、なぜ、もっと早く。
「また生まれてくるよ」
「そうだね」
「もう会えないけど、また生まれるから」
肩をぶつけるようにして歩きだした恋人は、博物館の出口を目指す。
よかったな、とおもった。やっと、出口をみつけたんだな、もう、大丈夫なんだな。

彼がこんど生まれてくるときは。
俺のものにならなくていい、ならなくていいから、もっといいやつに出会えますように。
そして。お前のしあわせを、心から願える俺になれますように、どうか、どうか。
逆光に振り返った影に手を振った。聞け、届け、これが俺のさよならなんだよ、わかるか?

どれだけ手を振っていただろう。
なにもなかったような顔の廊下に背を向けて、博物館の展示室にむかった。
何気なくポケットに手を突っ込んだとき、そこで所在なさげにしていたペアチケットの片割れがいなくなっていることに気づいた。
ガラスケースのなかの化石が、涙で渦になった。
化石が、ささやいていた。しあわせだったかと。
心から言える、ほんとうにいえる、しあわせだったと。ありがとう、と。
スポンサーサイト

【2017/08/09 12:40】 | お題SS。
|
高居さんから牡蠣鍋に誘われたのは、ちょうどオフィスをあとに私鉄の駅にむかおうとしていたときだった。
『豊世くん、鍋をしませんか』
暑いのに鍋、真夏に鍋。
高居さんの正気をちょっと疑いながら『いいですね』と返信、その後『いまからそちらにむかっていいですか』とつづけた。

高居さんの家でときどきごはんを食べるようになって数か月が経つ。
元来きぱきぱとものを話す高居さんが、僕の帰りしな、いつも何か言いたげであることに気づいて2か月が経つ。

手土産にすこし値の張る日本酒を買い、いつものマンションにたどりつくころにはすっかり夜がくれていた。
集合玄関から高居さんの部屋(苗字のせいではないと思うけれど「たかい」部屋、物理的にもお財布的にも)にむかいながら、鍋、とおもった。
鍋というのは、どの程度親密な間柄のひととやるものなのだろう。
高居さんは僕の会社のなにかをなにかしている(らしい)WEB関連のなにかのひとだ。会社のなかで迷子になっていた高居さんを企画戦略室はもっと上の階です、とおおざっぱな道案内をしたのが『知り合い』のはじまり。
鍋、ともういちど思ったところでインタフォンの応答があり、ロックが解除された。

クーラーの効いた部屋で鍋って、こたつでアイスに通じますね。
すべてのぜいたくはこたつでアイスに通じるな。
そんなしょうもない会話をしながら、けっこう飲んだと思う。
完全に帰宅のタイミングを逃しつつあり、あぁ、これはもう、そういうことになるのかな。僕はぼんやりそう思いながら、高居さんをみた。
笑いかけられて、首をかしげると
「そんなに怯えなくても。酔いに任せて口説いたりはしないから」
と高居さんがいう。
その瞬間、ああずっと僕は、とおもった。ずっとまえから僕のほうが、このひとをすきだったのだ。
ダイニングテーブルに置いた箸をながめて「高居さんはずるいですよね」というと「君こそ」と返された。
「そんな顔みたら、動力源がガス欠になるだろ」
「動力源って」
僕が苦笑すると高居さんも安心したようにわらった。

今までだれのことも曖昧にしかすきになれなかったのは、高居さんに出会うためだったのだろうか。
湯気のむこうでおだやかに笑っているひとを見つめた。
かたちのあるものを、かたちのない方法で与えてくれるひと。
きっと最後の恋だけど。牡蠣を菜箸でつつきながら思う。
最後の恋を、最初からずっと待っていたんだ。

しずかに鍋が煮える音も、高居さんの眼鏡がくもっていることも、おいしいお酒も、その気持ちにとても平等だった。
最初から、待っていました。鍋を食べ終わったら、高居さんに言おう、そう思った。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2017/08/28 21:57】 | お題SS。
|
さきにこちらをどうぞ。

【映画と傘と繋いだ手】

夏の終わり、夕方のシネコンを出ると音を立てて雨がふっていた。地面をななめに打つ豪雨は白くけぶり、僕の足元をすこし濡らした。
「けっこう降ってるな」
高居さんはかばんから折り畳み傘を取り出すと、僕に「はい」と差し出した。自然と受け取るかたちになる。傘はひらくのがためらわれるほど畳み目がそろっていた。傘をひらいて雨を受ける。
ふと目をあげると、高居さんはすでにシネコンの自動ドアをくぐりぬけていた。
渡された傘と背中を三往復見比べて、慌てて後を追った。
「高居さん!」
雨に濡れた背中に声をぶつけると、立ち止まった彼は咎めるように僕の手のなかの傘をみた。
「いいですか」
と僕は高居さんを見あげた。
「傘があります。人間がふたりいます。片方が濡れて歩くくらいなら、傘なんて畳んじゃったほうがいいんです」
苦笑の気配がして、相手は僕の手のなかの傘をとるとふたりの頭上に広げた。

紺色の傘は少し早めに夜を連れてくる。
ひとつの傘の下を並んで歩きながら、映画の感想を交互に述べた。僕は比較的肯定的、高居さんはけっこう否定的な意見だった。
「豊世くんはみたものを否定するのがきらいかい?」
高居さんに問われて考え込んだ。
「そう…ですね、せっかくお金を払っているわけですし、せっかくなら肯定的な部分をさがしたいです」
「君の、そういう思考、いいとおもう」
雨は霧雨のようになってきた。傘を畳んだ高居さんは、右手に傘を持つと左手で僕の手を握った。
ちょっとびっくりして「高居さん?」と問う。
「初デートの上書き更新だよ」とちいさくいって、高居さんがわらった。

おもっても、いいのだろうか。
ここは僕の居場所なのだと。

ふっと、背中を押されるような不安に駆られたけれど、なにも言えない。
かわりに、手のひらのなかの温度をぎゅっと握り返した。
だいじょうぶ。きっと、信じていい。信じていいんだ。高居さんの優しさや、手のひらの温もりを。
「豊世くん」
名前を呼ばれる。呼びかえす。
霧雨がふたりの肩におだやかに降るなか、僕のつかう私鉄駅への道を高居さんとゆっくり歩いた。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

しばらく高居さんと豊世くんを書きたいです。一回のSSのつもりが、ひさしぶりに書きたいひとたちになりました。

【2017/08/29 08:26】 | お題SS。
|
さきにこちら、次にこちらを読んでいただけるとうれしいです。つづきものです。

【もんじゃ焼きと鍵と告白】

「ところで豊世くん」
高居さんが切り出した。
会社帰りに待ち合わせていた。並んで歩きながら、このまま別々の路線の私鉄に乗って帰るんだろうな、と僕は考えていた。
「もんじゃ焼きをたべたくないかい?」
うーん、と僕は喉の奥で曖昧な音を出した。
「もんじゃって、したことないんです。あれって焼けるひとが行かないと惨劇が起きるっていいますし」
「じゃあ、おなかが減らないかい?」
僕はわかりやすく夕飯に誘われていたのか。
高居さんといっしょに夕飯をたべる。いまはもうさして目新しいことではないけれど、外食ははじめてだ。
「高居さんが得意なら、もんじゃ焼き行きますか」
並んだ肩を見あげてわらう。空は様々な色合いの雲を並べて、それを沈む夕日が穏やかに照らしている。

高居さんの料理のポテンシャルにはかなりの頻度で驚かされてきたけれど、もんじゃ焼きに関してもそうだった。
きれいにちいさなヘラで具材をかき混ぜ、先につくっておいたドーナツ型の土手に流しいれる。
「この段階でおいしそうですね」
僕がいうと、テーブルに肘を載せてひたいのあたりを掻きながら高居さんはほう、と息をついた。
「豊世くんがまじまじみるものだから、緊張したよ」
「台所で母親が料理するところをみるこどもの気持ちがわかりました」
相手は一瞬しん、と黙ると「そうかぁ」と僕をみてわらった。

さんざんもんじゃ焼きをたべたあと、ひどく煙の臭いがするだの明太チーズは危険ですよねだの、しょうもないことをふたりで散々話しながら川べりを散歩する。
黒々とした水が流れる川は街灯のひかりを跳ね返し、水のにおいがそこいらじゅうに立ち込めていた。
僕はすっかり帰る気分じゃなくなっていたけれど「豊世くんのアパートまで歩こう」と高居さんに先まわりしてだめだよ、と釘をさされてしまっていた。
手を伸ばして高居さんの腕に触れると、大きいわりにきれいな感触のいつもの手が伸びてきて握り返してくれる。
好きなひととごはんを食べて、一緒に歩いている。たったそれだけ。でも、たったそれだけを得られないひとは、たくさんいるのだ。
「高居さん」
たちどまって呼びかけると指の先にいるひとはゆっくり振り返る。たかいさん、と僕はもう一度呼び「キスしたい、です」といった。
手のひらがふっとこわばり、高居さんが困ったように黙ってしまった。
「だめ、ですか?」
しばらくして、高居さんが掠れた声で返事をくれた。
「うん。いまはまだ、だめだよ」
それでもつないだ手は振りほどかれず、ただ高居さんの鼓動がすこしだけ早くなったのを伝えてくる。高揚と、たぶん欲情。
高居さんの腕にぎゅうぎゅうひたいを押し付けて、抱いてくれていいのに、とおもった。
抱かれてしまいたい、とおもった。
「豊世くん?」
困惑と戸惑いをうかべた高居さんの声で、自分が泣いているのに気がついた。情けなくて、惨めで、みっともなかった。
「豊世くん、これ」
手のひらになにかカサカサした紙が落とし込まれる。触感のわりに質量がある。
「これをあげるから、泣かないで」
手のひらのなかの『なにか』をぎゅうと握って、腕からひたいを離し、こくっと頭を前に傾げた。

『なにか』の正体が判明したのはアパートまで送ってもらって、ひとりになってその存在を思い出した時だ。
急いで紙の中身をうかがう。鈍く光る鍵がぽとん、と手のひらに落ちた。
背中がかっと熱くなった。どうしよう、うれしい、でも。
慌てて携帯電話に手を伸ばし、高居さんの番号を呼びだした。
「もしもし」
『豊世くん、こんばんは』
おだやかに、電話のむこうから声がした。
「高居さん、これ、鍵……」
『うん、きょうもんじゃ焼き屋で渡しそびれて』
「そうじゃなくて、いただいてしまっていいんですか?」
『もらってくれたら、うれしい』
僕は相手には見えないけれど、思わず居住まいをただした。カーペットに正座して言う。
「高居さん、好きです」
『うん、ちゃんと、しってるよ』
高居さんは『俺も豊世くんが、好きです』と生真面目にいった。
えーとですね、と僕は迷いながら、ひとつの希望を提案する。
「じゃあ、好き同士で、恋人どうしですね」
いまさら何を言っているの、と高居さんがわらった。
『でも、ちゃんと豊世くんがそう言ってくれてよかった』
「今度会ったとき」
僕はいう。
「僕は、高居さんと、キスしたいです」
『うん、俺も』
それから、もんじゃ焼きの感想やこんどはなに食べに行こう?という話をぽつぽつ交わした。
電話を切ると、傍らに置く。礼拝するひとのように、床にうずくまった。
ほんの小一時間前まで手をつないでいたひとに、ついさっきまでしゃべっていた人に、こんなに、会いたい。

声に出さずに、呟いた。たかいさん、あいたい、です。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2017/08/31 18:41】 | お題SS。
|