FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆★高居さんと豊世くんの続きです!みっつ前くらいのSSからの続きもの。よろしければ遡ってみてくださいませ★☆

【ドライブともみじとはじめてのキス】

空はすきっと晴れわたっていた。秋のはじめ、晴天がつづいている。
洗濯ものが乾きさわり心地がいいように、僕の心もあたたかい。というのも、高居さんが運転する青いヴィッツの助手席にちょこなんと納まっているからで、ひさしぶりにふたりで出かけることが気持ちをあたためてくれている。
「高原まではすこしかかるから、眠っていたらどうかな?」
「だいじょうぶです」
高居さんが苦笑した。
「そんなに俺の運転が心許ないかい?」
「逆です、安心できるから逃避の必要性がないんです」
青い車は軽やかに高速を走る。
「豊世くんは運転をしないのかい?」
「ええ、車自体をもっていませんし、そもそも右折するのに左折を三回しなければならないような技能しかないと思われ」
しばらく考えて、ハンドルを握っているひとはわらう。
「それは、たいへんだね。俺が心配でひやひやしなきゃならなくなる」
「空想でも心配してくれるんですか?」
「あたりまえだろ」
高居さんの横顔をみると、ちらっとこちらをむいて微笑んだ。慈しむべきものをみるまなざし。慈愛、ということばを心にうかべ、似たようなものを、同じように返せているだろうかとおもう。高居さんがくれるものが大きすぎて、時々取りこぼしているような気持ちになる。

もみじの景勝地にたどりついたのはそれから2時間後だった。
「山がしあわせそうですね」
「そう思う?」
「はい」
「豊世くんは気持ちがゆたかだよな。俺なんか、きれいだなで終わり」
ぼんやりしている、なにを考えているのかわからない。わりと子供のころから言われてきた。独特の世界のなかに住んでいて、そこに入り込めないのが寂しいと。
だから、この瞬間まで僕は自分の思考回路や言い回しの癖がきらいだった。
でも、高居さんは。
「そんなふうにいわれたの、はじめてです」
高居さんの手の甲にそっと手を重ねた。わかっているよ、と言いたげに高居さんはじっとしている。

蕎麦ともみじアイスなるものを食べ、帰路につく。
瞼の裏に燃えるような山並みや、なんどもみた高居さんの笑みが残っている。
「山からしあわせをお裾分けしてもらったみたいですね」
「だから日本人は紅葉狩りがすきなのかな」
「来るべき冬に備えてですね」
冬眠するくまみたいだな、と高居さんがいう。
「俺、2週間くらいかな、関西に出張だからしばらく晩飯を一緒に食うのはお預けだな」
「えー…僕が冬眠前のくまになりそうです」
高居さんが無反応なので心配になってちらっとうかがった。重かった、だろうか。
標識がSAの所在をしらせると、高居さんはパーキングに車をとめた。
「豊世くん、ちょっとこれみて」
右手を軽くふって言う。
「どれですか?」
高居さんに視線をやると、不意打ちで唇が重なった。え?とおもい、わりと冷静に「あ、そっか。約束してた」と脳みそが思いだした。
いや、がらがらの駐車場、困る要因はないけど。でも、突然すぎて心拍数がむしろ平坦だ。
「とよせ」
いままで、呼ばれたことのない調子で、距離で、名を呼ばれた。
反射ではい、と言いかけると唇がさらに重なって、左手が高居さんの右手とシートの間でぎゅうっと軽く押される。
しばらく僕の口腔をまさぐっていた舌と高居さんの熱が離れたあとになって、やっと心臓がやれ大変だと騒ぎ始めた。
「高居さん」
「……怒った?」
「約束、ちゃんとしてくれて、ありがとうございます」
目をまっすぐに見て、言う。かなわない約束、果たされない誓いの数ある世界で願いをかなえてくれる高居さん。
至近距離にあったその目が伏せられて「豊世くんにはかなわんな」と苦笑が降ってきた。
「俺が冬眠前になりそうだったから、これからお持ち帰りして、もっといろいろしようと思っていたのにな」
『もっといろいろ』の内実がわからないわけではない脳みそが勝手に照れた。大いに照れた。
「……冬眠明けに」
「え?」
「冬眠がおわったら、しましょう。ちゃんと、いろいろ」
「うん、また今度、な」
高居さんがゆったりとわらった。欲を全く感じさせない笑顔だった。でも。
耳にはさっきの『とよせ』が残っている。僕を欲しがる声。

アパートのまえに青い車がとまると、じゃあまた、と高居さんは去っていった。
部屋に戻りひとりきりになって、ふと気がついた。
どこかで、どこかで、高居さんが我に返るんじゃないかと、怯えていた。キスするのはべつに僕でなくてもいいと、覚めるんじゃないかと。
でもいまは。いまは、頭のなかで『とよせ』という呼び声がそれを強く否定していた。
ぼうっと痺れたような腕を伸ばし、テーブルの上の高居さんの部屋の鍵を握る。
ぎゅっと握る。約束した。2週間したら、冬眠後のくまたちは。
そしてそれは途方もなく遠い未来にも、現実的過ぎる将来にも、おもえた。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2017/09/04 17:48】 | お題SS。
|
あわや。
腱鞘炎になるところでした。
けっしてパソコンのせい、ではなく。
……むしろ高居さん豊世くんが苦手領域に突入しそうなので「どうしよう」とおもっています。
ごめんなさい!(=ぼかします!)になったら、ごめんなさい。

ところで。要因はというと。
あたらしいピアノ譜をですね、手に入れまして。弾き語りの。
練習していたら、あっという間に3時間たっていました……。
ストレス発散になるので弾き語りはすきなのですが、時間を忘れがち(ついでにご飯がおろそかに)なるのが玉に瑕です。
今回は間奏がたいへんにむずかしくて、むずかしいほどのめり込んで練習するから音楽はあぶない。

ピアノの練習も小説もぼちぼちがんばろうと思います(∩´∀`)∩
弾けるようになったらここでわーいします!

【2017/09/05 17:58】 | つぶやきサボり。
|
☆★高居さん豊世くんのつづきです。よろしければよっつ前から遡ってお読みください。お手数をおかけします~…★☆

【しろい虹と夜に零れるもの】

金曜夜、テーブルの上で振動した携帯の画面をみなくても、なぜかその着信が高居さんからだとわかった。
『こんばんは、豊世くん』
おかえりなさい、と返した声が自然であることを心底願った。高速道路での約束から3週間が過ぎていて、僕はむしろあれは願望がみせた記憶なのではないかと思いはじめていた。
高居さんの声で、それは否定される。
『今夜、おいで。お土産も渡したいし』
短い通話をおえると、ジャケットを羽織った僕は家を出て、大通りでタクシーをとめた。口数の少ない運転手のタクシーのラジオからは静かなギターの音色がきこえて、すこし心が落ち着いた。

ゆったりと空間に余裕のある玄関で、高居さんは僕をむかえるなり、うれしくてたまらないといったふうにわらった。リビングでぎゅうっと抱きしめられて、もうこれはまちがいなくそういうことになるのだな、と泣きたいような笑いだしたいような気持ちになった。
しばらくそのまま体温を与えっこしていた身体が「あ、そうだった」と離れた。
「忘れると困るから、お土産」
ぽん、と手渡された紙袋の中身はお菓子と
「この、あひる……はなんですか?」
おもしろいんだよ、と高居さんはわらって僕の手からあひるを取り上げると胴体側面を押した。『べええっ』と声、もしくは音がした。
あひるの声に僕もわらって高居さんから声の主を取り返そうと伸ばした手をつかまれた。転がるあひる。
キスしながら、とよせ、と熱をおびた声で呼ばれる。互いの口腔の温度を思う存分味わう。薄いシャツ越しに背中を撫ぜあげられて我慢できなくなった声がこぼれた。足元に転がっているあひると大差ない。足元がふわふわと頼りなくなってきたところで、行こうか、と高居さんが、言う。

むろん行き先は寝室で、すっかり衣類を脱がされた僕はむき出しになった高居さんの肩のあたりに視線をやっている。
どこをみていいのかわからないのでさらに壁のあたりに目を向けると青空にすうっとしろい虹がかかっている絵がみえた。
「豊世くん」
名を呼ばれたので視線を合わせると、薄暗がりの中で高居さんの眼は得も言われぬ光を放っていた。欲、なのにきれいだ。額を合わせる。
「優しく、できなかったらごめんね」
これからの行いに関する最終通達を言い放つや否や、高居さんは兆していた僕の中心をやわく握った。ため息なのか声なのか判然としない音が唇からこぼれた。どんどん昂っていく高居さんの手のなかのものと僕の声。僕をのぞき込む眼が微笑みのかたちに弧を描く。壁にかかったあの虹みたいだ、とおもった。

僕の声、とジャッジしたくない声がひびく。
「や、ぁ……ん、あ、」
高居さんの手のなかであっけなくいってしまい申し訳ない、とおもっていた僕は「ごめんなさい」の舌の根も乾かぬうちに快楽を追っている。自分が溺れやすい性質だとはじめて気がついた。
うしろに高居さんの指をのまされ、ほぐされている。
「とよせ、そろそろ、俺―……」
切羽詰まった高居さんの声に皆まで言わせず、「きて、きて…っ」と強請った。
押し当てられた欲をすっかり飲み込んだ瞬間、僕はほとんど悲鳴のような声をあげて腰をわななかせた。高居さんがやり過ごすように短くなんども息を吐く。
にじんだ視界に高居さんが映る。つながりを揺すりながら、ひとりごとのように言う。
「なんか、俺がだめにしたみたいだな」
「あ―…だめ、なのはだめ?」
「うれしい」
ぎゅうぎゅう抱きしめられて、夜に零れる声がいっそう高くなる。

シャワーを浴びて、借りたパジャマのすそを折り上げて、ぼうっとした頭で部屋に戻る。
寝具がきれいにととのえられているのをみて、最中よりもなぜかずっと恥ずかしくなった。
こちらに背を向けている高居さんのとなりにもぐりこむと、読書灯がきえて完全な暗闇になる。身体ごと向き直った高居さんが僕を抱き寄せた。おだやかな声が名前をなぞる。
「豊世くん」
「なんですか?」
「君が、君のことが、好きだよ」

意識が眠りのなかに落ちていく途中で「愛しているよ」と、たしかに聞こえた。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2017/09/06 09:53】 | お題SS。
|
たからものはたくさんあるよ
みせてあげようか
背表紙ももうはがれそうな
アルバムひらいて

生まれた日の空の青
はじめて歩いたときの両親の笑顔
うそをつくことを覚えた頭
大事なものより大事なものを握った手

たからものはたくさんあるよ
もうすこしみせてあげるね
だいじょうぶ 心配しなくていいんだよ
どれだけわけてもなくならないから

出会ったときの雨の音
はじめて触れた手のひらの温度
優しいうそで守られた日
自分より守りたいものに出会った僕

ここまでのたからものは
ここでおわりだよ
どうかな
どうだった?

これからのたからものに
これからもいてくれますか
ここからのたからものに
ここからもなってくれますか

あした
あたらしいページに
きっと君がいますように
ずっと君といますように

【2017/09/07 16:54】 | 詩人ごっこ
|
☆きょうは高居さんと豊世くんは臨時休業です。ごめんなさい!

【はちじゅうはち】

学校の帰りに、駅前の書店に足を運んだ。
文芸、新書と棚をすり抜けて『天文・宇宙』という案内札の下にたどりつく。とても人口密度の低いエリアだ。
書籍のタイトルをざっと目でなぞり、気になったものを一冊二冊と吟味していく。
天体写真の大判の本を小脇にレジにむかう。時間帯もあってか、すこし混みあっていた。
「ご自宅用ですか?」
店員に曖昧に首を横に振ると、彼女はにっこり微笑んで包装紙の色とかけるリボンの色の説明をはじめた。
渡す相手はそもそも包装紙とリボンの有無に頓着しないだろうから、『ご自宅』でよかったか、と思いはじめる。ご自宅、にこのうえなく近い距離にあるし。
それでもみずいろのぴんとした紙と深いブルーのリボンは僕をわくわくさせた。
わくわくを原動力に88個の要素で構成された世界に住む相手の家に歩を進める。呼び鈴を鳴らす。出てきたのは奏良(そら)の母親だった。絵に描いたような『母親』だと、いつも思う彼女。背負っているものの重さなど、愛を理由に心が清算するのだろう。
「麻人(おと)くん、ひさしぶりね」
「おひさしぶりです、学校の行事と試験でばたばたしてしまっていて。奏良はいま?」
「あ、だいじょうぶ。すこし具合もいいみたい」
「渡したいものがあって。いいですか?」

通された奏良の部屋。エアコンと除湿器と空気清浄機(殺菌機能付き)がみえない城壁を築いている部屋。
「そら」
名を呼ぶと、相手の顔がほころぶ。それだけで来てよかったと思う。たとえ、僕にみえるのが、奏良の眼だけだとしても、そこに浮かぶのが純粋なよろこびなら。
「きょう、学校の試験がおわったから。ひさしぶりに寄ってみた」
うなずく。相手はしゃべることを医師から禁じられている。
ほら、と写真集をわたす。包装紙をはがしてあらわれた本をみるなり、奏良はわらった。こどもみたいに。

まだ小学生だった頃から、奏良はとてもかしこく、はしっこいこどもだった。
だから、叶えるんだろうと思っていた。宇宙飛行士になりたいという大きな夢も、それが当たり前、という顔をして。
中学1年秋、難病を患ってしまうまでは、手に入れるのだろうと、そう思っていた。
だれもわるくない、なにもわるくない、としゃべれたころの奏良はいった。ただ、運がわるかった、と。
奏良を失うことより、彼の夢がかなわないことが怖かった。
おなじ秋、僕は自分の夢に近づいていたから。
ピアノのジュニアコンクールで優勝していたから。

手元のホワイトボードに奏良がさらさらとなにか書く。こちらにむける。
『星座の数と、ピアノの鍵盤の数は、おなじなんだって』
はちじゅうはち、と僕がいうと、うんうんと奏良はうなずく。「鍵盤」という漢字を難なく奏良が描けるのは、僕がいるから。
また自分のほうにむけたボードに書かれた文字は『きょう読んだ本に書いてあった』。
「きょうは、読書できるくらいに具合がいいのか」
僕がいうと、奏良はうれしそうにうなずいた。

88。
それだけの数で世界を築くことができる。奏良も、僕も。
まるでこの世に悲しいことが存在しないかのように。戦争、飢饉、愛する人を失うこと、残して先立つこと。
それが、唯一の救い。
はちじゅうはち、を通じてつながっているのだ。たとえ、隔たった人生が触れようもないほどにほどけてしまっても。
救いであると同時に、呪いでもある。
僕は思いだすだろう。どこで弾こうと、はちじゅうはちに手の届かなかった大事な幼なじみ。

奏良の家を出ると、いちばん星が空に瞬いていた。
俯いた地面に、星座のように、星のかたちをつくる点のように、涙が落ちた。
たとえば88万回、泣いても。
たとえば88万回、奏良のいない星を見ても。
おぼえていたら、だいじょうぶだろうか。僕の奏でるものは、まだつながったままでいられるだろうか。
また明日、全国コンクールの予選がある。聴いて、届いて、わらって頷いて。いつか離れてしまうとしても。
いつか、ひとりではちじゅうはちの世界を生きることになっても、星のように輝いていて。

******

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村

【2017/09/11 10:09】 | お題SS。
|


さいきん、たいへんにすきな曲です。
Ed Sheeranの『Photograph』。
「愛を写真に閉じ込めたんだ 僕らのため記憶を永遠にしてみたんだよ」
「閉じない眼と 壊れない心と 凍ったように止まってずっと動かない風景」
「ぼろぼろのジーンズのポケットに僕をいれて持ち運んでよ もうひとりにさせない」
うわーーーーん……。
砂凪のあほな翻訳でも泣ける(わたしがね!)

メロディが秀逸。
聞くたびに泣いてしまいます。
PVの愛らしいことといったらもうないです。
外国のベイビーちゃんってどうしてくれよう!ってくらいかわいいですよね。

あと声がいけめんだな!(もちろん見た目もね!)

【2017/09/14 15:36】 | おんがくのこと
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。