FC2ブログ
秩序のとれた海 例えば君とふたりで
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よもや、その仄暗い記憶と思考のすべてを伝えるわけにもいかず、かといってなにも伝えないわけにもいかず、一番無難なように思えた記憶の片鱗を口にする。
人形みたいだな。一体全体ぼくにどう接していいのかわからない、という口調で言われた。
「人形みたいだ、と言われたことがあります。見てくれが、きれいなだけの」
鹿納さんは否定するでもなく、じっとぼくを見た。彼が否定しなかったことをそのまま肯定と受け取った。
「そうか」
立ち上がり、着ていたスーツのポケットから名刺入れを取り出す。名刺を差し出すことに慣れているひとの所作だった。
「俺は、こういうものだ」

名刺を見る。
《株式会社ステラノート 代表取締役 鹿納修一》

「ステラノート?」
「CM制作会社兼、モデル事務所兼、芸能プロダクションみたいなところだよ」
「…すごいですね」
主観的にではなく、客観的にぼくはそう言った。客観的なことばをつぎはぎした台本を読みあげる。いつも、ぼくが口にする台詞はそんな感じだ。
当たり障りなくひとに接するためには、主観を帯びたことばを口にしないほうがいい。ぼくが学習したことのひとつ。

「きみは、マスメディアには興味があるかい?」
鹿納さんの漠然とした質問の意味をしばらく考えたけれど、答えが見つからない。首をかしげると鹿納さんが微笑んだ。
「きみをここに連れてきた理由はひとつだけ。いままで、きみに向けられたものとは、かなりちがっている」
テレビを指差した。
「CM撮影の、被写体になってほしい」

******

ちなみに、鹿納さんの会社名『ステラノート』の由来はこちら。
【ステラ】→古英語で『星』の意である《storra》。
【ノート】→《note》なのですが、辞書の下のほうにある『香り』の意。
合わせて『星の香り』…になる……はず。
なんで社名に拘ったのかは自分でも不可解です。
もっと他にも精進するところはあるでしょう。エロシーンの描写とか。
でも古英語辞典まで引っ張り出してきたわたしをどなたかが褒めてくれると信じています。

ランキング参加しております。
いつも応援ぽちをしていただき、ありがとうございます《*≧ω≦》

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

【2015/04/26 09:00】 | しあわせな人生
|

鍵コメのHさまへ
砂凪
こんにちは、はじめまして。
随分とむかしの作品に目を通していただけて光栄です。

これは悩んだので、きれいな名前とおっしゃっていただけて小躍りしています。
また、作品などちょぼちょぼ書いていきたいので、よろしくお願いしますね☆彡

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
鍵コメのHさまへ
こんにちは、はじめまして。
随分とむかしの作品に目を通していただけて光栄です。

これは悩んだので、きれいな名前とおっしゃっていただけて小躍りしています。
また、作品などちょぼちょぼ書いていきたいので、よろしくお願いしますね☆彡
2017/06/09(Fri) 09:45 | URL  | 砂凪 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/07(Wed) 13:30 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。