秩序のとれた海 例えば君とふたりで
また、ことしも『あの日』がくる。もうすぐ。

昨年、東北で、『あの震災』とおなじ地域で朝方に地震と津波があったとき。
「あの津波を思い出してください、津波がきます」
と繰り返すテレビの声に、被災地住まいでもないのにパニックを起こしたわたし(よわい)
思い出すまでもない、普段はあのこわい水をパラフィン紙で覆い隠しているだけ。

『忘れない』。
簡単に口にするし、よく(耳タコだ…とおもうほど)聞くし、一種の思考停止スローガンめいてきたことば。
でも。
いったいなにを目的語とし、『忘れな』ければいいのでしょう。
たくさんのひとが亡くなったね、ということ?
津波が押し寄せ原発の事故があって、ということ?
当時の政府にちょっとかなりまずいとこあったよね、ということ?
……たしかに、忘れちゃいけない、あまりにもかなしいできごと。

でも。
こと亡くなった方、に関しては。
事情は複雑なんじゃないかな……と思うのです。
『あんなにかなしいかわいそうでむごい、死に方をしたひと』として覚えているのは、覚えているほうも覚えられているほうも、それこそ…かなしくて、かわいそうで、むごい呪いにかかっているようじゃないか、と。

思い出して、あたたかな記憶や優しい気持ちが出てくるのであれば、忘れなければいい。
けれども、思うたびごとにただ闇に呑まれるように気持ちのあかりが消えてしまうのであれば、そのひとにとって『忘れない』はどうなのでしょう。
もちろん、わたしの自分勝手ですし、ひとりごとですが。

『忘れない』とただ、あの地震が引き起こしたものを一絡げにしちゃいけない、と思います。
そして、『忘れ』たら無慈悲だとか無神経だとか、他者に記憶を強いることも、しちゃいけない。
『忘れない』のだったら、黙って覚えておけばいいのです。
自分が忘れてはいけないことだけ。
そろそろ、『忘れない』じゃない、別のことばであの災害を形容したい、しなくちゃいけない。

なんだか、よくわからないうえ(こんがらがってきた……)えらそーで独りよがりの見解で、すみません。
また、6年まえ、わたしには計り知れないものを背負ったかたが、わたしの書いたことでさらに傷つくことがありませんように。
関連記事
スポンサーサイト

【2017/02/25 20:58】 | つぶやきサボり。
|

Pearswordさんへ
砂凪
おひさしぶりですーーー!
いらっしゃいませ(*´▽`*)

もう、6年。まだ、6年。どっちなんでしょうね、立場によっても変わるかと……。
なにがきっかけでコメントをいただけるようになったのか、わたしも忘れてしまいました(おいっっ!)
……ごめんなさいです。

失くしたものや亡くした人にとらわれすぎると、まったく前に進めなくなるんじゃなかろうか、とそう思うわけですよ。
反省…進歩前進……してないなーわたし。

なんだか、世界情勢が理想とかけ離れ続けている気がするのですが(笑)
これは人類がなんとなーく生え際後退しているからかもしれませんね。


Pearsword
 お久しぶりです。少しほかのブログを見て回る時間があったので、遊びに来ました。
 東日本大震災からもう六年経つのですね、月日が流れるのは速いものです。
 僕も小説を継続して公募し始めて七年になりました。依然として、受賞にかすりもしません。
 砂凪ちゃんのブログに初めてコメントしたのがいつのことだったのか、もはや記憶があやふやです。人間は、いろんなことを忘れていくものですね。
 しかし、忘れ行く中でも、過去の遺産は受け継いで、反省しながら進歩前進していかねば、人類としての甲斐がありません。
 そのような前進のはてに、いつか理想的人間社会が築かれるだろうと、楽観しているのが僕の持前であったりします。
 いつでも向上心を忘れないでいたいものです。
 お堅い話してごめんなさい。
 長コメ失礼しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Pearswordさんへ
おひさしぶりですーーー!
いらっしゃいませ(*´▽`*)

もう、6年。まだ、6年。どっちなんでしょうね、立場によっても変わるかと……。
なにがきっかけでコメントをいただけるようになったのか、わたしも忘れてしまいました(おいっっ!)
……ごめんなさいです。

失くしたものや亡くした人にとらわれすぎると、まったく前に進めなくなるんじゃなかろうか、とそう思うわけですよ。
反省…進歩前進……してないなーわたし。

なんだか、世界情勢が理想とかけ離れ続けている気がするのですが(笑)
これは人類がなんとなーく生え際後退しているからかもしれませんね。
2017/04/09(Sun) 16:29 | URL  | 砂凪 #-[ 編集]
 お久しぶりです。少しほかのブログを見て回る時間があったので、遊びに来ました。
 東日本大震災からもう六年経つのですね、月日が流れるのは速いものです。
 僕も小説を継続して公募し始めて七年になりました。依然として、受賞にかすりもしません。
 砂凪ちゃんのブログに初めてコメントしたのがいつのことだったのか、もはや記憶があやふやです。人間は、いろんなことを忘れていくものですね。
 しかし、忘れ行く中でも、過去の遺産は受け継いで、反省しながら進歩前進していかねば、人類としての甲斐がありません。
 そのような前進のはてに、いつか理想的人間社会が築かれるだろうと、楽観しているのが僕の持前であったりします。
 いつでも向上心を忘れないでいたいものです。
 お堅い話してごめんなさい。
 長コメ失礼しました。
2017/03/13(Mon) 13:43 | URL  | Pearsword #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可