秩序のとれた海 例えば君とふたりで
雪。
あれ?溶けてる、いつ溶けたの?
桜。
もう散ったの?いつ咲いたの?

かろうじてゴールデンウィークにつつじが咲いていて
それを認識できた自分に泣きそうです……
お元気ですか、砂凪です。

6月と10月にがんばれるできごとがあるので
とりあえず大丈夫です。
あ、こないだ職場の面談で
「さなさんは大丈夫がNGワードね」っていわれた。
大丈夫、じゃないのかもしれない。

けどそうそう簡単に「もうだめー!」っていえないじゃないですか、一応は…(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
抱え込んじゃったキャパオーバーを放り捨てるわけにいかないじゃないですか。

元気なのか気になる相手がいます。
その相手がわたしが元気なのか案じてくれているといいな。
わたしは元気だよ。
あなたも元気でね。
心のどこかでそう、だれかをおもえるうちは大丈夫。

足は半分はみ出しているのかもしれない。
でも、手は必死に柵にすがっている、生きようとしている。
生きているかぎり、なにがなんでも、ありとあらゆる力で、生き延びなきゃ。
卑怯でも、ずるくても、汚くても、よごれても。
愛想でしかない笑顔以外をいつうかべたのかすら忘れても。
だれといても疲れても。
わかりあえ、なくても。
元気でいてほしいと、願うしか、なくても。

傷つけ、なんどだって。
皮膚はそのたび、つよくなってくれるのだから。
再生を、蘇生を、くりかえして。
なんどでも、なんどでも、生まれ変われわたし。
関連記事
スポンサーサイト

【2018/05/03 15:28】 | つぶやきサボり。
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可